高校ラグビーの歴史においてひと際強い輝きを放つ巨星である。花園出場は今年で65回目。通算勝利数は「129」で、1934年の第16回大会での初優勝を皮切りに、これまで15回の優勝を誇る。いずれも文句なしの最多記録だ。OBには元サントリー監督の土田雅人氏や元日本代表ゼネラルマネージャーの太田治氏、前明治大学監督の吉田義人氏など、そうそうたる顔が並ぶ。

しかしそんな名門校も、この20年は長い冬の時代を経験した。1987年度の第67回大会での優勝を最後に覇権から遠ざかり、平成に入ってからは決勝進出も第75回大会(1995年度)の1度だけ。近年は県内の好敵手、秋田中央の台頭もあって、県予選で敗退することも珍しくなかった。

1987年度の優勝時の監督で、’02年から6年間は地元国体へ向けた県全体の強化を担当、2008年度よりふたたびチームを率いている黒澤光弘監督は、秋田工業が勝てなくなった理由をこう語る。

「昔は秋田工業のラグビーといえば秋田ではスポーツの花形だったから、陸上の100mで1位の子とか、柔道の重量級王者、バスケットのトップ選手といった地元の“化け物”がよく来ていたんです。強いからそういう子が集まったし、だから強かった。でも勝てなくなるとだんだん魅力がなくなって、そうした素材が来なくなってしまった」

1990年代は高校ラグビーが大きな転換点を迎えた時期だった。スクラムを1.5mまでしか押せなくなり、年々ボールを大きく動かすラグビーが主流となっていった。秋田工業といえば雪深い北の大地で鍛え上げたFW、わけても地響きのするようなスクラムこそ看板である。オーソドックスな戦い方を得意とするチームにとっては、辛い流れだった。

また90年代以降は啓光学園や東海大仰星、東福岡、桐蔭学園など、私立高校が大きく躍進。選手確保や練習環境に限りのある公立高校が厳しい戦いを強いられるのは、ある意味必然だったといえるかもしれない。

学校を離れた6年間でそうした流れを客観的に見てきた黒澤監督は、再建を託され監督に復帰した際、「アップテンポで思い切りボールを動かすラグビー」へとチーム作りの舵を切った。これをきっかけに、秋田工業は古豪復活への道を力強く進み始める。

黒澤監督復帰2年目の2009年に決勝で秋田中央を破り4年ぶりの花園出場を果たすと、2010年度はシード校として花園に登場し、優勝候補の一角である東海大仰星と24?33の死闘を演じた。昨年は冬の間グラウンドでの練習量が著しく制限される雪国のハンディをものともせず、春の全国選抜大会で初めてベスト4に進出。花園ではAシードに推され、13大会ぶりに8強入りも果たした。

選手の顔ぶれを見ても、近年はかつてのように優れたポテンシャルを秘める逸材が数多く現れるようになった。2012年のU20日本代表に選出された村井佑太朗、寺田大樹(ともに現明治大3年)をはじめ、宮川智海(2012年度高校日本代表/現関東学院大1年)、成田秀平(2013年U19日本代表/現明治大1年)など、ここ数年はコンスタントに世代代表を輩出。今季も下級生時代から才能を高く評価されてきたPR/LO三浦昌悟(2012年U17日本代表)やNO8加藤広人を筆頭に4人の高校日本代表候補者を擁し、多くの高校ラグビー関係者から「潜在能力は全国トップクラス」との評価を受けている。

そうした能力の高い選手が集まるようになった要因のひとつは、地元の少年ラグビーの充実だ。秋田県は東北随一のラグビーどころとあってラグビースクールの活動が盛んで、今季の先発メンバー15人中、実に14人がスクールや中学ラグビーの経験者だ。秋田北中や将軍野中など、全国大会や東日本大会で好成績を収める中学校も年々増えている。

全国で活躍する秋田工業のラグビーに憧れて中学時代からの地元の俊秀が集い、集まった逸材たちがさらにチームを強くする。近年のチームではそんな好循環が着実に生まれ始めている。今年9月には人工芝グラウンドも完成。練習環境は劇的に改善された。

「いい環境があって、県全体にラグビーを応援する土壌もある。ここで結果を残せば、また昔みたいに他競技の逸材が来ることも期待できる。このチャンスを逃してはならないと思っています」(黒澤監督)

地元出身の俊英を育て上げ、ふたたび全国の頂点に返り咲く。いざ名門復活へ。決意に満ちた秋田っ子たちの戦いぶりに注目だ。

photo

直江 光信
スポーツライター。1975年熊本市生まれ。熊本高校→早稲田大学卒。熊本高校でラグビーを始め、3年時には花園に出場した。著書に「早稲田ラグビー 進化への闘争」(講談社)。現在、ラグビーマガジンを中心にフリーランスの記者として活動している。

お知らせ

第93回全国高等学校ラグビーフットボール大会開催中!
12月27日より聖地花園から全50試合完全生中継!

»全国高等学校ラグビーフットボール大会特集サイト
»放送予定

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ