こんにちは!同志社スポーツアトム編集局です。同志社大学ラグビー部の隠れた魅力をお伝えするこの企画。第4回となる今回は、今年度から大きく変わった部員たちの日常に迫ります。

日ごろから学業と部活の両立をモットーに活動している同志社ラグビー部。日中は授業、放課後は部活という毎日を送っていますが、そんな日常に今年度から変化が訪れました。関西在住の方はご存知かもしれませんが、文系学部の「今出川」(いまでがわ)回帰です。昨年までは経・商・法・文の学生は1・2年を京都の南部にある「京田辺キャンパス」(きょうたなべ)、3・4年を京都の中心部、御所の隣にある「今出川キャンパス」という風に2年毎に学びの場を移していたのですが、一貫した教育を行うことを目的に、今年度からこの文系4学部の全学生が4年間を今出川で過ごすことになりました。

以前、コラムでご紹介した通り、ラグビー部のグラウンドは京田辺キャンパスにあります。 その為、ほとんどの部員が毎日今出川から京田辺への移動を強いられることになりました。また、ラグビーの寮も京田辺にあるので、寮生たちは毎日今出川に授業を受けに行き、練習のため田辺に帰ってくるというハードな生活を送っています。さらに自宅生となると自宅―今出川―京田辺の3点移動をしなければならないのでさらに大変です。

[写真左]授業を受ける部員たち
[写真右]5限終わりで京田辺に向かうと着くころには真っ暗

今出川と京田辺は30km離れており、移動時間は1時間強。5限目の講義(16時45分〜18時15分)があると京田辺につくのは19時半を過ぎるので練習開始時間に間に合いません。副将のFB(フルバック)藤本貴也さん(法4)は「今年から全員で揃って練習できる日が少なくなった」と今のチーム状況を嘆きます。また「単位をある程度取った上級生よりも、必修などの授業の多い下級生が大変そう」と、伸び盛りの1・2年生が部活に参加できないことに危機感を感じています。

[写真]早朝から体幹トレーニングなどに勤しむ

このように環境が激変した同志社ラグビー部ですが、憂いてばかりではいられません。全体での練習の時間を確保するために、夏は例年よりも長い期間合宿を行いチームの結束を高めました。秋シーズンに入っても、朝6時からAチームのメンバーを中心に朝練を敢行。体幹トレーニングなど室内でも可能な練習を寮内で行ってから、学校に向かうという日々を過ごしています。6時から練習開始となると5時台に起きなければなりませんが、辛くないのでしょうか?しかし、ルーキーの大越元気さん(商1)は「逆に体が暖まるので二度寝せずに一限(9時〜10時30分)に出られます!」とポジティブでした。

ラグビー部のみならず、ほとんどの同志社大学の体育会クラブは、今後もこの校地間移動と付き合っていかなければなりません。それぞれの部が工夫を凝らして、限られた時間の中でも素晴らしい成果を残してくれることを願うばかりです。

(同志社スポーツアトム編集局・佐藤弘毅)

photo

同志社スポーツアトム編集局
同志社スポーツアトム編集局は1978年に創刊された同志社大学唯一の体育会機関紙です。年6回の本紙の発行を軸に、号外の発行やHPの管理などをすべて学生の手で行っています。
公式サイト Twitter→@atom_doshisha

お知らせ

■ラグビー 関西大学リーグ2013 放送予定■
11月16日(土)午前11:50 J SPORTS 2 生放送 #7 京都産業大学 vs. 大阪体育大学
11月16日(土)午後01:53 J SPORTS 2 生放送 #8 関西学院大学 vs. 天理大学
11月23日(土)午前11:50 J SPORTS 2 生放送 #9 京都産業大学 vs. 関西大学
11月23日(土)午後01:53 J SPORTS 2 生放送 #10 大阪体育大学 vs. 同志社大学
11月24日(日)午後02:50 J SPORTS 2 生放送 #11 関西学院大学 vs. 近畿大学

◆ラグビーシーズン到来!特集ページをご覧ください!

★J SPORTSラグビー放送予定はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ