誰も想像さえしていなかった。変哲のない、難度も高くない中級山岳ステージが、2012年ブエルタの歴史を大きく変えた。アシストたちと、元アシストの美しき友情と恩返しの物語が、チャンピオンの勇気と快挙に華を添えた。

「自分が持てる全てを尽くす。それがボクの走り方。変えることはできない。勝つためにトライする。ボクの頭の中にあるのはそれだけ」(アルベルト・コンタドール)

確かに第2回目の休養日には、28秒差でマイヨ・ロホを追いかけるアルベルト・コンタドール(チーム サクソバンク・ティンコフバンク)は、こんな風に改めて強く決意を語っていたものだ。しかし決戦の場は第20ステージのボラ・デル・ムンドになるに違いない……と予測されていた。なによりコンタドール本人が、そうほのめかしていたのだ。

「ボクに足りなかったのは、遠くから、勇敢にアタックすることで獲りに行くタイプの山頂フィニッシュだね。でもボラ・デル・ムンドがまだ残っている。トライするよ」(アルベルト・コンタドール)

マドリードまで残りわずか5日となり、いまだやり残したことのある選手たちや、最後に帳尻を何とか合わせたいチームが、スタート直後から激しいアタック合戦を繰り広げた。山岳賞ジャージを争うサイモン・クラーク(オリカ グリーンエッジ)やダヴィド・モンクティエ(コフィディス ルクレディアンリーニュ)も攻撃的な走りを見せた。ようやく80km地点で11人が逃げ出し、一時は3分差をつけた。ところがプロトンはすぐさま恐ろしい追走を開始。吸収まであと数十秒……という120km地点で、合流を待ちきれない18人がさらにプロトンから飛び出した。前の11人と合流し、29人の大きな大きな集団が出来上がった。

チーム サクソバンク・ティンコフバンクも、1つ目の集団にブルーノ・ピレスを送り込んでいた。2つ目の集団には、さらにヘスス・エルナンデスとセルジオ・パウリーニョが紛れた。コンタドールは無線で3人にたった一言「エンジン全開で行け」と告げた。理想通りの長い山がないのなら、自分でその状況を作り出すまでだ。これでピストルをぶっ放す準備は整った。

「両肩に天使と悪魔と乗せているような、そんな気分だった。一方はボクに『前に行け』とささやき、もう一方は『危険を冒しちゃならない』とささやいた。そして、正しいアドバイスにしたがったんだ。本能に任せて、アタックを打った」(アルベルト・コンタドール)

無謀としか言いようがなかった。コンタドールはたった1人でメインプロトンから飛び出した。まるで「カミカゼ」のように。ゴールまではいまだ53km。ひどく遠かった。

マイヨ・ロホのホアキン・ロドリゲス(カチューシャ チーム)と総合3位のアレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)は、もちろんギアを加速へと入れ替えた。しかし、コンタドールはあっという間に逃げの29人に追いつくと、アシスト3人の協力を得てさらに前方へと突進した。ピレスが引き、エルナンデスが引き継ぎ、最後にはパウリーニョが全身全霊でエースを牽引した。タイム差はあっという間に1分15秒にまで広がった。

コンタドールの2回目のアタックは、ステージ2つ目の中間ポイントを先頭通過するためだった。ゴール前23.3kmで、ボーナスタイム6秒を手に入れたコンタドールには、嬉しい誤算もあった。2つ目の波に乗って逃げに入り込んでいたパオロ・ティラロンゴ(アスタナ プロチーム)が、慌てて追いついてくると、協力体制を取り始めたのだ!

2010シーズンの1年間、ティラロンゴはコンタドールのために山岳アシスト役を務めた。スペイン人はイタリア人の献身を高く評価し、サクソバンクに一緒に移籍しないか……と声をかけたという。ビジネスの事情で結局2人は別々の道を歩き出すことになるのだが、チームは変われど、信頼関係は変わらなかった。だからこそ2011年ジロ第19ステージでは、コンタドールが「ピンクのサンタクロース」となって、ティラロンゴのプロ入り初勝利をお膳立てしたのだ。2012年ジロ第7ステージで再び優勝したティラロンゴだが、「ボクにとってはコンタドールの前でゴールした1度目の区間勝利の方がずっとずっと重要だ」ときっぱり断言したほどだ。ちなみにこの第7ステージ、プリトの誕生日勝利を阻んだ張本人がティラロンゴだったのだが……。

かつての名アシストの助けを得て、残り15km、コンタドールは追走集団に2分15秒近いタイム差をつけた。もちろん現役アシストだって、コンタドールの側にいなくとも、アシスト作業は続けていた。エルナンデスとピレスは、ロドリゲスとバルベルデの必死の追走の足を引っ張った。またバルベルデが1人先を急ぎ始めると、もはや追う脚のなくなったロドリゲスに、エルナンデスがまるで嫌がらせのようにピタリと張り付いた。パウリーニョはバルベルデ対策に当たった。新旧アシストに至るところで力を与えられたコンタドールは、この日3度目の、そして最後の引き金を引くことになる。

「ラスト15kmは、もしかしたら追いつかれるかもしれない、と怖かった。だって補給をしっかり取る暇がなかったから。でもこれ以外、総合タイム差を逆転する方法はなかった。危険を冒さなければならなかったんだ」(アルベルト・コンタドール)

ゴールまで13.5kmで1人になったコンタドールには、実際に、逆転されるリスクがあった。ロドリゲスの背後でバルベルデが、ついに哀れなマイヨ・ロホを振り払って前に行くことを決めたからだ。「クリス・フルーム(スカイ プロサイクリング)とのタイム差をさらに開くために」という理由で、猛スピードで走り出したバルベルデは、ぐんぐんとコンタドールを追い詰めていった。わずか15kmほどで、タイム差を2分も縮めたほどだった。それでも、かろうじて6秒差で、この日のヒーローは栄光を横取りされずにすんだ。

あまりにも根をつめて走ってきたものだから、1秒も無駄にしまいと山頂まで必死でペダルをこいできたものだから、山頂では得意のバキューンポーズを取る余裕さえなかった。ただ苦痛と喜びの入り混じった顔で、コンタドールは細い両腕を精一杯天へと突き上げるだけだった。あのミゲル・インドゥラインから「ガツガツしすぎなんじゃないか?」と批判されたほど、大会開幕時から欲しくて欲しくてたまらなかった区間勝利とマイヨ・ロホを、いっぺんに手に入れた瞬間だった。

「今日の優勝は、キャリアでも3本の指に入る重要な勝利だ。1つ目は2005年のツール・ダウンアンダーでの勝利。頭の手術から復帰してきた直後だった。2つ目は2007年のパリ〜ニース。そして今日が3つ目」(アルベルト・コンタドール)

バルベルデは6秒差でゴールし、フルームを突き放すどころか、逆転総合2位へと浮上した。疲れた表情のロドリゲスは2分38秒遅れで山頂へたどり着いた。一緒にフィニッシュを通過したコンタドールのアシスト役エルナンデスの、笑顔のガッツポーズがひどく対照的だった。総合ではコンタドールがトップに立ち、2位バルベルデが1分52秒差、3位ロドリゲスが2分28秒差。

「こんなこと予想さえしていなかった。悲しいよ。だってブエルタを落としたんだから。コンタドールがアタックをかけたとき、コレからボクに災難が襲い掛かってくるだなんて思いもよらなかった。何が起こるのか、想像していなかった。誰1人として想像できなかったはずだよ」(ホアキン・ロドリゲス)

混乱した感情が勝手にあふれ出てきてしまわぬよう、口を真一文字にして、プリトは明るくインタビューに答えた。得意の激坂を圧倒し、苦手のタイムトライアルを上手くやりこなした挙句に、平凡な山道に足元をすくわれてしまった。

★その他、第17ステージのレースフォトはこちらから

photo

宮本 あさか
みやもとあさか。パリ在住のスポーツライター・翻訳者。相撲、プロレス、サッカー、テニス、フィギュアスケート、アルペンスキーなど幼いときからのスポーツ好きが高じ、現在は自転車ロードレースの取材を中心に行っている。

お知らせ

■シーズン最後のグランツール「ブエルタ・ア・エスパーニャ」開幕!
★「ブエルタ・ア・エスパーニャ2012」特設ページはこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ