神戸製鋼 橋本大輝キャプテン
神戸製鋼 橋本大輝キャプテン

Q:今シーズンから新たにキャプテンに就任しました。

「3月に初めて聞かされて、最初はビックリしました。ただ苑田右二ヘッドコーチから『グラウンドで一番体を張れる選手にキャプテンになってほしい』と言われて、引き受けることにしました」

Q:春には日本代表にも選出されました。

「昨シーズンは、個人的には社会人になって一番飛躍することができたシーズンでした。春に日本代表にも呼ばれ、良い経験ができました。練習の密度や他チームの選手の意識が高いところなど、感じるところは多かったです。神戸製鋼に戻っても、その経験を生かしてグラウンドで一番体を張って、きつい時にきついプレーをして、チームが活性化すればいいと思っています」

Q:チームとしての昨シーズンを振り返ると、どういう印象ですか?

「チームとしては悔しいシーズンでした。6位という結果には決して満足していません。ラックの精度も低かった。神戸製鋼はトップリーグ初年度に優勝して以来、タイトルから遠ざかっています。今シーズンはトップリーグの節目となる10シーズン目なので、『優勝したい』ではなく『優勝しないといけない』、いや『優勝します』。そういう気持ちで臨んでいます」

Q:チームとしてどういったことに取り組んでいますか?

「夏前から攻撃の形や守備のシステムにフォーカスしてやってきました。納得できる内容になってきたかなと思っています」

Q:今シーズンの目標は?

「開幕戦(9月1日@神戸ユニバ)の近鉄にしっかり勝って、もちろん優勝したい。優勝の瞬間にグラウンドに立っていたいと思っています」

Q:最後に、ファンのみなさまにメッセージをお願いします。

「今シーズンは、僕らのプレーを見て感動してもらえるようなラグビーをして、優勝したいと思います。これまで以上の応援、どうぞよろしくお願いします」

★神戸製鋼コベルコスティーラーズ HP

取材日:8月4日 インタビュー・構成:斉藤健仁
写真:スポーツエンターテイメントアソシエイツ/霜越隼人

photo

斉藤 健仁
スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材中!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)。「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)など著書多数。≫Twitterアカウント

お知らせ

◆トップリーグ、8月31日開幕!
★J SPORTS トップリーグ放送予定はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ