関東大学対抗戦Aグループと関東大学リーグ戦1部の16校が参加する交流試合、「関東大学春季大会」がこの春よりスタートした。これは公式戦の試合数を増やすとともに、いままで大学選手権等に限定されていた対抗戦勢とリーグ戦勢の対戦機会を増やすことで、大学ラグビーの強化と活性化につなげる目的で新設された大会だ。開催方式は前年の成績をもとに両リーグが上位Aグループ(4校)と下位Bグループ(4校)に分かれ、それぞれ同グループ内の相手リーグの4校と総当たり戦4試合を行う。

新しい戦力を試したい時期でもあり、まだまだどのチームも成長途上の段階だが、緊張感の中で公式戦を戦うことによって見えてくるものがあるのは確かだ。ここでは今季の大学シーンをわかせてくれそうな関東の9校プラス関西の2校をピックアップ。招待試合や練習マッチを含めた戦いぶりから、各チームの今季の戦力分析と展望を紹介する。

【東海大学】
[関東大学リーグ戦/2011年度大学選手権初戦敗退]

◆春の主な戦績
4月29日 対明治大※ ○42-28
5月13日 対筑波大※ ●31-36
5月20日 対流通経済大 ○64-21
5月27日 対近畿大 ○43-19
6月10日 対帝京大※ ●10-57

※は関東大学春季大会(公式戦)

◆春の戦いぶり
関東大学春季大会の新設をもっとも喜んだのが、東海大だろう。帝京大、早稲田大、明治大、筑波大という対抗戦の上位4校すべてと春の段階で対戦できることの恩恵は計り知れない。「ホント、ウチが一番ラッキーですよ」と木村季由監督の表情もほころぶ。

東日本大学セブンズの連覇は3で止まったものの、春季大会の初戦でその連覇をストップされた因縁の相手、明治大に終盤走り勝って雪辱を果たした。筑波大戦は決定力の差でわずかに勝利には届かなかったが、世代屈指の才能が揃う相手に互角の勝負をできたことは自信につながったはずだ。リーグ戦で優勝争いのライバルともくされる流経大との一戦は、序盤からFW戦で優位に立ち、持ち前のダイナミックにボールを動かす攻撃で10トライを挙げて大勝。続く近畿大戦でも完勝を収め、チーム作りが順調に進んでいることを印象づけた。

◆戦力分析
前年のレギュラーからNO8安井龍太主将ら5人が卒業した。もっともHO木津武士やFLマイケル・リーチが抜けた昨春に比べれば、戦力ダウンの影響ははるかに小さい。木村監督も「去年我慢して使ったことで成長した人間もいるし、伸び盛りのフレッシュな選手もいる。おもしろいチームになると思いますよ」と手応えを口にする。

FWでは昨年のフロントロー3人がすべて残り、スクラムには自信を持つ。明治大戦では強力パックを相手にモールで2トライを挙げており、密集戦の強さは大学トップレベル。肩を手術したLO三上匠が復帰すれば、さらに迫力は増すだろう。この春一番の成長株は、NO8村山廉だ。昨季はPRにも挑戦した110キロの巨漢で、サイズからは想像できないスピードとしなやかさを生かし、突破役として再三チャンスを作り出している。

BKもSO阪本圭輔主将をはじめ、WTB高平拓弥、FB宮田一馬ら昨年のスターターのほとんどが残った。U20日本代表で春は不在の期間が長かった切り札WTB小原政佑がフィットしてくれば、得点力のあるラインに仕上がりそうだ。

1年生では東海大仰星、高校ジャパンでエースとして活躍したWTB近藤英人が、流経大戦で途中出場ながらAチームデビューを果たした。同じ高校ジャパン組のPR平野翔平(東福岡)やFL藤田貴大(青森北)、SO野口大輔(東海大仰星)などほかにもポテンシャルを高く評価される選手が多く、木村監督は「木津やリーチがいた代を彷彿させる」と語っている。

◆今後の展望
これまでの東海大は総合力の高い選手を揃え幅の広い戦いができる一方、戦術の焦点が分散し、最終的に勝ち切れないという印象があった。その反省をふまえ、今季は広げる一方だった選択肢をあえて限定し、迷いなくプレーできるようなチーム作りを進めている。「これまで引き出しを増やすことばかり考えていたが、結局使えない引き出しは必要ない。判断を絞り込み、使えるものと使えないものを整理整頓することで、複雑をシンプルにしていこうと」(木村監督)

ディフェンスにはまったく手をつけていないというだけあって現時点では防御に粘りを欠く場面も見られるが、課題を克服できるだけのメンバーは揃っている。夏合宿での復帰を予定している大黒柱のLO三上が戻れば、チームはさらに加速しそうだ。

photo

直江 光信
スポーツライター。1975年熊本市生まれ。熊本高校→早稲田大学卒。熊本高校でラグビーを始め、3年時には花園に出場した。著書に「早稲田ラグビー 進化への闘争」(講談社)。現在、ラグビーマガジンを中心にフリーランスの記者として活動している。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ