関東大学対抗戦Aグループと関東大学リーグ戦1部の16校が参加する交流試合、「関東大学春季大会」がこの春よりスタートした。これは公式戦の試合数を増やすとともに、いままで大学選手権等に限定されていた対抗戦勢とリーグ戦勢の対戦機会を増やすことで、大学ラグビーの強化と活性化につなげる目的で新設された大会だ。開催方式は前年の成績をもとに両リーグが上位Aグループ(4校)と下位Bグループ(4校)に分かれ、それぞれ同グループ内の相手リーグの4校と総当たり戦4試合を行う。

新しい戦力を試したい時期でもあり、まだまだどのチームも成長途上の段階だが、緊張感の中で公式戦を戦うことによって見えてくるものがあるのは確かだ。ここでは今季の大学シーンをわかせてくれそうな関東の9校プラス関西の2校をピックアップ。招待試合や練習マッチを含めた戦いぶりから、各チームの今季の戦力分析と展望を紹介する。

【明治大学】
[関東大学対抗戦/2011年度大学選手権ベスト8]

◆春の主な戦績
4月29日 対東海大※ ●28-42
5月6日 対天理大 ●40-41
5月13日 対早稲田大 ●7-28
5月20日 対同志社大 ○59-26
5月27日 対帝京大 ●26-59
6月10日 対慶応大 ○40-19
6月17日 対大東文化大※ ○68-12

※は関東大学春季大会(公式戦)

◆春の戦いぶり
元日本代表WTB吉田義人氏の監督就任から4年目を迎えた今シーズン。16年間ぶりの大学王座奪還へ向け勝負の年となる明治大だが、この春は厳しい戦いが続いた。

春季大会の東海大戦で終盤に突き放され今季初戦を落とすと、続く天理大戦では一進一退の展開の末に、終了間際にトライを許し逆転負けを喫した。巻き返しを期して臨んだ早稲田大戦は相手の激しい圧力に持ち味を封じられ、最後に1トライを返すのが精一杯。同志社大戦では接点の攻防で上回り、後半に5連続トライを奪って4戦目にして初勝利を挙げたものの、翌週の帝京大戦は大学王者の迫力あるアタックに圧倒され、前半だけで47点を与える完敗に終わった。

もっともU20代表勢の不在や大黒柱のNO8堀江恭佑のケガによる離脱など、メンバーのやりくりに苦しむ事情があったのも事実だ。6月に入り慶大に40-19で勝利するなど、徐々にチーム状態は上向きつつある。立て直しは十分可能だろう。

◆戦力分析
昨季最終戦となった大学選手権2回戦の筑波大戦に先発したメンバーから残ったのは7名。チームの中心はFL比果義稀、竹内健人主将、NO8堀江とそのままの顔ぶれが残ったFW第3列だ。ほかにもPR石原慎太郎やLO/NO8古屋直樹、LO友永恭平など、FWには昨年までにレギュラーに名を連ねてきた選手が多い。ケガなく万全の布陣を整えることができれば、総合力は大学屈指のFWパックに仕上がるだろう。

BKのキーマンは副将を務めるSO染山茂範だ。正確なプレースキックは大きな得点源であり、左右両足から繰り出す正確なロングパントでいかにFWを前に出せるかが、ゲームの流れを決めるといっても過言ではない。コンビを組む同じ佐賀工業出身の山口修平は今季売り出し中の攻撃的SH。昨年まで主力を務めた秦一平とは異なり、自分で持って前に出ることでリズムを生み出すタイプで、鋭く密集脇をえぐるサイドアタックは相手にとって脅威となる。

高校日本代表7人を筆頭に25人が入部した1年生も逸材揃いだ。真っ先にAチームデビューを果たしたのは、昨冬の花園で獅子奮迅の活躍を見せたFB田村煕(國學院栃木)。体の芯が強く、重心の低いランと精度の高いキックは大きな武器となりそう。ほかにもPR須藤元樹(國學院久我山)やFL上田宥人(東海大仰星)、NO8松橋周平(市立船橋)らがすでに1軍でゲームを経験している。

◆今後の展望
下級生時代から公式戦を経験し、言葉とプレーで牽引できる4年生が多い。そんな今季のチームを、吉田監督は「2年前の杉本博昭主将の代に似ている」と評する。NO8堀江やSO染山、FL前田一平などリーダーシップのある選手が揃っており、中でもFL竹内主将には「自分でいったことをやり遂げる強い意志がある」と厚い信頼を寄せている。今後は春の苦い経験を糧に、いかにチーム一丸となって同じ方向へ進んでいけるかが、浮上のポイントとなるだろう。

戦術的には昨季までと同様、強力FWを軸に空いたスペースをBKが攻略するスタイルが基本となる。現時点で最大の課題はディフェンスだ。東海大戦、天理大戦、帝京大戦と、今季はここまで失点の多い試合が続いている。「まだまだ雑。去年はこんなことはなかった」と吉田監督。ゴール前でのFWの決め手には自信を持つだけに、防御を整備し失点を減らすことができれば、どの相手にも勝利できるだけの力を秘めている。

photo

直江 光信
スポーツライター。1975年熊本市生まれ。熊本高校→早稲田大学卒。熊本高校でラグビーを始め、3年時には花園に出場した。著書に「早稲田ラグビー 進化への闘争」(講談社)。現在、ラグビーマガジンを中心にフリーランスの記者として活動している。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ