毎年恒例の冬の風物詩である高校サッカー選手権の開幕が迫ってきた。昨年は強豪校が順当に県予選を勝ち上がったうえ、樋口寛規(滝川第二→清水)、吉田眞紀人(流通経済柏→名古屋)、柴崎岳(青森山田→鹿島)や小島秀仁(前橋育英→浦和)、大島僚太(静岡学園→川崎)らプロ入りするタレントが豊富だったため、大会前からかなりの盛り上がりを見せた。

しかし今年は、2011年度からスタートした高円宮杯U-18プレミアリーグに参戦している流経や静岡学園、広島観音や立正大淞南などが次々と敗退。「本命不在」の色濃くなっている。加えて、高校からプロ入りする選手が山梨学院の白崎凌兵(清水内定)、鈴木武蔵(桐生第一)、藤村慶太(盛岡商業)ら数人だけで、タレント的にもやや乏しい。「今年の選手権は昨年よりレベルが低い」と話す高校指導者もいて、やや寂しい印象だ。

そもそもなぜ、これだけ強豪校が負けてしまったのか。今夏のU-17ワールドカップ(メキシコ)で最終ラインを担った植田直通を擁し、プリンスリーグ九州で優勝しながら、ルーテル学院に県予選準決勝でPK負けした熊本大津の平岡和徳監督は「相手が徹底的に守ってウチのよさを消してきた」と話していた。ユース年代とはいえ、相手を分析して特徴を消し、カウンターをしかけるサッカーは今や当たり前。昨年優勝工の滝川第二や前橋育英、流経、静学も主導権を握りながら相手の術中にはまって全国を逃した。一発勝負の選手権出場権を獲るのは、タレント力の高いチームでも難しいことなのだ。

そういう背景があるだけに、今回の選手権はどこがタイトルを獲るか全く予想がつかない。白崎を擁して2年ぶりの頂点を狙う山梨学院、2010年高校総体(沖縄)優勝を経験した和泉竜司、菅野将輝、岩渕諒の3人を揃える市立船橋、元日本代表MF風間八宏氏の次男・宏矢をアタッカーに据える清水商業、プレミアリーグ参入戦へと駒を進めた星稜あたりが注目校と見られる。

山梨学院の白崎ら3年生は2年前の選手権優勝を実際に東京・国立競技場で味わった最後の選手たちだ。白崎はメンバー入り目前で漏れ、碓井鉄平(現駒沢大)らが優勝旗を高々と掲げるのをスタンドから見守り「自分たちも優勝したい」という強い意欲を持ち続けてきた。今年はキャプテンでありながら内転筋負傷やU-18招集でほとんどチームでプレーできなかったが、その分、他のメンバーが力をつけ、チームの選手層が厚くなった。「普段からマンマークは当たり前。選手権でも自分には2人3人とマークがついてくると思う。そこで味方をうまく生かせればフリーのシュートチャンスを数多く作れるはず。去年のベスト8で流経に負けた時は蹴りこむサッカーしかできなかったけど、今はボールポゼッションもできるし、いろんな攻撃パターンがある。十分戦えると思います」と白崎は自信をのぞかせた。

その山梨学院が順当に準決勝まで勝ち上がってくれば、市船と清商のいずれかと対戦する可能性が高い。市船が1月2日の2回戦・長崎日大戦に勝ち、清商も12月31日の1回戦・ルーテル学院戦、2回戦の西目と山陽の勝者を確実にモノにすれば、1月3日の市原臨海での3回戦で両者がつぶしあいを演じることになる。2012年3月末に定年を迎える清商の名将・大滝雅良監督も「自分たちが全国で勝ちあがろうとすると、いつも市船が立ちはだかる。市船に勝って全国優勝したこともある」と因縁を感じているだけに、このカードが実現すれば、注目を集めるだろう。

清商のエース・風間が「自分たちは優勝候補でも何でもない。一戦一戦勝っていくだけ」とチャレンジャー精神を強調する傍らで、市船の10番・和泉は「僕は四日市出身で、中学時代にトレセンで何度も風間君と一緒にやったことがある。本当にうまい選手。フリーにしたらやられてしまう」と警戒心を隠さなかった。市船は昨年まで指揮を執っていた石渡靖之前監督が異動し、今年から95年正月の市船初の選手権優勝時のメンバーである朝岡隆蔵監督が就任。「市船は勝って初めて評価される。どんな策を講じても勝つしかない」と言い切るだけに、トーナメント戦に絶対の強さを誇る彼らが有利かもしれない。

つぶしあいを余儀なくされる山梨学院らのいるブロックとは対照的に、もう一方のブロックは目玉が少ない。星稜は本田圭佑(CSKA)を擁した2005年正月の大会以来の国立を狙う大きなチャンスかもしれない。夏の高校総体の覇者・桐蔭学園に代わって全国に出てきた桐光学園も侮れない。熾烈なバトルを強いられる前者のブロックではなく、比較的ラクな戦いのできる後者の方から優勝チームがでることも十分に考えられる。

とにかく今年の選手権はどこが優勝してもおかしくない。それだけ実力が拮抗しているのだ。すでに選手権がユース年代の最高の大会でなくなって久しいが、やはり90回を数える歴史あるトーナメントは軽視できない。魅力ある選手、魅力あるチームを1つでも多く見たいものだ。

photo

元川 悦子
もとかわえつこ1967年、長野県生まれ。夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターに。Jリーグ、日本代表から海外まで幅広くフォロー。ワールドカップは94年アメリカ大会から4回連続で現地取材した。中村俊輔らシドニー世代も10年以上見続けている。そして最近は「日本代表ウォッチャー」として練習から試合まで欠かさず取材している。著書に「U-22」(小学館)「初めてでも楽しめる欧州サッカーの旅」(NHK出版)ほか。