天皇杯準々決勝は湘南ベルマーレと京都サンガのJ2同士の戦いを見に行った。湘南の反町監督のラストゲームになるかもしれないという興味と(しかも、4回戦で川崎フロンターレを破った湘南は好調だと言う人もいた)、じつは今シーズン京都の試合をほとんど見ていなかったというのが理由だ。

京都は、今季から大木武監督が就任し、どんなサッカーをするようになるか楽しみだったのだが、関西に本拠地を置くチームだけに観戦機会がなかったのだ。大木監督就任から1シーズンを終えようとしている現段階で、京都はいったいどんなサッカーをしているのだろうか……というのが見たかったのである。

で、京都はたしかに「大木っぽいサッカー」をやっていた。

大木監督というと、かつてヴァンフォーレ甲府で攻撃的なチームを作り、ボールに選手が次々と絡んでくる積極的な戦い方が特徴。岡田武史が、病で倒れたオシムに代わって日本代表監督に就任したときにその大木をコーチとして引き抜いたものだ。岡田監督は、就任会見で「接近、展開、連続」ということを言った。早稲田大学のラグビーの指導者、故・大西鉄之祐氏の唱えた言葉で、岡田がどういう意図でこの言葉を持ち出してきたのかはよく分からないが、一時は大きな話題となった。

岡田の真意はともかく、選手と選手の距離を狭くして、人数をかけて攻めようといったイメージである。岡田が大木をコーチとして招いたのも、大木が甲府でやっていたのがそういうサッカーからなのだろう。

京都も、実際、「接近」戦を繰り広げていた。

トップのドゥトラや宮吉拓実あるいは2列目の選手にボールを当てると、次々と選手がサポートに入っていく。サイドバックの選手が上がり、2列目の選手が距離を縮めて密集を作る。そして、ワンタッチのパスをつないで選手がその密集を抜け出していく……。そんなサッカーが前半のはじめから展開されて、湘南はすっかり後手を踏んでしまった。

「なるほど、大木らしい」と思って、僕は感心して見ていたのだが、決定的チャンスは10分に工藤工平のスルーパスに宮吉が飛び込んだ場面(DFに当たってCK)くらいで、中山博貴もうまくタメを作って周囲を走らすのだが、なかなか決定的なチャンスには結びつかない。そして、そのうち湘南が大きな展開からチャンスを作るようになって、互角というか膠着状態が続くことになった。

京都は、選手と選手の距離が短くなって密集を作るところまでは、たしかに大木監督らしいサッカーをするのだが、問題はその後である。自らが作った密集から抜け出す形ができず、最後まで、湘南のゴール前まで密集のままなのだ。岡田の言葉で言えば、「接近」だけで「展開」がないということになる。

反町監督は、この点について、こんな皮肉とも取れることを言った。「大木さんは色が強い。そうすると、選手の判断を抑圧してしまう。湘南は、ディテールまでは練習でやらずに選手の判断を大事にしている……」。そう、現段階がそういう状況にあるのは確かだ。

大木監督の指導で、京都の選手たちは積極的にボールに絡んで、密集を作って、短いパスをつないでボールを相手ゴール前まで運んでいく。ただ、その後がないのだ。それを反町監督の言うように「色が強すぎる」と見るのか、次の段階で選手たちが自分たちの判断を優先して密集から抜け出す動きをするように進化していくと見るのかが問題となる。大木自身だって、「接近」の後に「展開」がないことは当然気がついているはずだし、次の段階では(来シーズン以降)それを求めることになるのだろう。

一度だけ、65分に密集から反対サイドに振って京都が決定的なチャンスをつかんだ場面があった。右サイドでいつものように、京都がショートパスをつないで密集を作り、そこから最後は中村充孝が持ち出して逆サイドにクロス。それを宮吉が折り返してドゥトラが正面からシュートを放った場面だ。こういう形を、これからどれだけ増やしていけるのか。それが、来シーズンの大木監督の課題なのだろう。

さて、試合の方は、そのまま膠着状態が続き、反町監督は「前半はこのまま0-0で終わりたい」と思っていたというが、CKから京都が先制ゴールを決める。鄭又栄(チョン・ウヨン)のキックに対して、湘南のGKの野沢洋輔(今季、J2リーグでは出番がなかった)が一瞬出かかったが、ボールは思ったより伸びて、秋本倫孝がヘディングで折り返し、ドゥトラが押し込んだもの。野沢が一瞬飛び出してしまったため、ドゥトラにボールが来たときのポジションが中途半端になってしまった。

後半は、1点を追う湘南がやや強引な攻撃をしかけ、何度か同点のチャンスを作ったが、京都のGKの水谷雄一がそのたびにスーパーセーブを見せて、前半のセットプレーからの1点を守りきった。内容は互角で、得点はCKからの1点であり、どちらに転んでも分からない接戦だった。

湘南は、アジエルが帰国してしまい、前線の選手が足りない状態で、変則の3バックで戦った。右サイドの臼井幸平が、まるでバルセロナのダニ・アウベスのように攻めあがる。しかし、チャンスはそういう準備してきた形とうより、後半になってスクランブル的にゴール前にクロスを入れ続ける中から生まれたものばかり。一方の京都も、大木監督らしい「接近」の形からではなく、セットプレーからのもの。

敗れた湘南の反町監督にとってだけでなく、勝った大木監督にとってもけっして会心のゲームというわけではなかろう。天皇杯のベスト4には、J1の横浜F・マリノスとセレッソ大阪、J2のFC東京と京都サンガが勝ち残り、J2チームの優勝の可能性も出てきた。FC東京は来シーズンはJ1で戦うからいいのだが、もしも京都が優勝してしまったら、ACL出場権はどうなるのだろうか。来シーズンから22チームに増えるJ2は全42節の長丁場となる。ACLをこなすだけの日程の余裕がないのは確実なのだから……

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授