シーズン開幕から、自慢の攻撃陣が燻り続けていた川崎フロンターレが、今シーズン初めて3得点。前節まで2位につけていた名古屋グランパスに快勝した。内容的には関塚隆監督の采配が的中し、ストイコビッチ監督を沈黙させた。そんな試合だった。

第4節の1日目は、春の陽気に誘われたか各地で点の取り合いとなったが、川崎と名古屋の試合も前半はノーガードに終始した。中盤から、両チームの選手が激しくボールを奪い合っていた。要するに、お互いにボールに食い付き合ってしまい、逆に中盤のあちこちにスペースができてしまう。そんな状態になってしまったのだ。だから、こぼれ球ができるとそれを拾った選手はノーマークで、前を向いた状態でボールを持てる。そうなれば、かなり正確なパスが前線に供給されるのは当然だ。

そして、両チームともトップにはJリーグのレベルとしてはトップクラスの選手がそろっている。川崎には、先日のワールドカップ予選韓国戦でもあわやゴールというヘディングシュートを放った鄭大世。東アジアの枠を超えたストライカーだ。そして、名古屋にはダヴィ。今シーズンの名古屋の出来は、ダヴィに懸かっていると言っても過言でない存在だ。

開始4分。中盤でのミスを奪った小川佳純が左サイドのスペースに出したボールを、ダヴィが懸命に追ってそのままドリブルで切れ込みチャンスを作り、好調さをアピールする。中盤でフリーになった選手から、一発で前につなぐ激しい攻め合いとダイレクトプレーの応酬が続いたが、先にゴールに結びつけたのは名古屋だった。左サイドから小川がドリブルで持ち込んで入れたスピードのあるクロスに逆サイドから飛び込んできたマギヌンが決めた。23分のことだ。

だが、その1分後、逆に森勇介の右からのクロスをヴィトール・ジュニオールが決めて、川崎がたちまち同点とする。そして、さらにその5分後。今度はCKのボールを寺田周平が頭で折り返し、回りこんできた谷口博之が頭で合わせ、楢崎正剛の守るゴール右上隅に決めた。アッという間に、2−1で川崎がリード。前半は、そのままゲームが落ち着かず、2−1のままで終了した。全体としては、若干名古屋が押していたが、内容は互角。たまたま川崎が2−1とリードして終わったが、スコアが1−2でも、2−2でもおかしくはない前半の攻防だった。どうやって落ち着かせるか。それが後半の課題だった。

そして、後半、関塚監督は、横山知伸をボランチに入れ、前半はボランチでプレーしていた中村憲剛を右サイドのMFに配置した。前半は4−2−3−1、後半は4−2−2−2のツートップ(ジュニーニョと鄭大世)にシステムを変更したのだ。これで、前半のノーガードの攻防を終わらせようとしたのだろう。つまり、センターバックもできる横山と谷口をボランチとして、4バックと合わせて、6人で守る。大事なのはシステムではない。変えたのは守り方のコンセプトである。前半のように相手のパス回しに「食い付いていく」守備から、相手にパスを回させてもいいからスペースを埋める守りに転換したのだ。

これが、見事にはまった。名古屋のボール支配率は前半より上がったかもしれないが、ペナルティーエリア前5メートルほどのところから後ろのスペースを完全に消されてしまい、パスがつながるだけでゴール前でチャンスを作れなくなってしまったのだ。ゲームは、前半とは打って変わって落ち着いた。いや、2−1とリードしている川崎Fが、システム変更によってうまく落ち着かせたのである。しかも、中村憲が前に上がった分、スルーパスが何度も通り、攻撃力もまったく落とさないですんだのである。そして、61分には中盤でのパスカットから鄭大世が抜け出して、ペナルティーエリアに入ったところで増川隆洋をかわして、ダメ押しとも言える3点目を決めた。

3点目を失った直後から、名古屋のストイコビッチ監督は杉本恵太、巻佑樹、そして山口慶を投入したが、こちらはあまり効果的ではなかった。はっきり言えば、交代のたびに組織が崩れていくようで、次第に攻め手も失われていってしまう。後半の立ち上がりまでは、タッチラインそばまで出て行って副審に文句をつけたり、選手に指示を送ったりしていたストイコビッチ監督も諦めたのか、フテくされてしまったのか、ベンチに腰を降ろして動かなくなってしまった。

今シーズンの川崎は、山岸智の右サイドバック起用と、前線のブラジル陣トリオがうまく機能せずに、開幕からパッとしない試合が続いていた。その山岸の右サイドバックを諦めたのか、この名古屋戦では本職(?)のサイドの選手(森勇介と村上和弘)を入れた。前線もレナチーニョをベンチに置き、田坂祐介を右サイドに置くことで、これまでの「攻撃はブラジル人にお任せ」ではなく、中盤から前線へのつながりを求めた。そして、中盤でスペースを作ってしまうと見ると、関塚監督はすかさず横山を投入。相手にスペースを与えずに、一気にリズムを引き寄せたのだ。横山は、センターバックでもボランチでもできる使い勝手のいい選手だ。

前半、川崎が2−1とリードして折り返せたのは、多分に幸運によるものだった。2−2でも、1−2でもおかしくはない。そんな点の取り合いだった。もし、川崎が1−2でリードされて折り返したとしたら、関塚監督はもっと攻撃的な交代を考えたことだろう。ベンチには黒津勝、そして山岸智という、サイドアアタッカーもいるから、バリエーションは増える。横山をDFラインに入れて、森、村上という両サイドバックを上げれば、スリーバックとウィングハーフという形も採れる。レナチーニョという、トリッキーなドリブラーを入れて、相手を撹乱することもできる。

つまり、今シーズンの川崎フロンターレは、状況や点差によって、さまざまなシステムや選手を使い分けることができるのだ。これは、長期戦(そして、ACLも含めて試合数の多い長期戦)の中で、大きな強みになる。まだまだ未完成だが、チームが熟成してそれを関塚監督がうまく使いこなせば、なかなかのチームが出来上がるのではないだろうか。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授

お知らせ

>>いよいよ終盤戦へ突入!プレミアリーグ特集ページはこちらから

★プレミアリーグ ハイライト放送予定
04月06日(月)23:00 J sports 2
04月06日(月)25:00 J sports Plus
04月07日(火)07:00 J sports 2
04月07日(火)22:00 J sports Plus
04月11日(土)11:00 J sports 2