試合後の記者会見で、西野朗監督に「橋本を右アウトサイドで使ったのはなぜか?」と質問したら、「『川崎Fが4−2で勝ち』という後藤さんの予想を覆すため」と切り返されてしまった。

某サッカー専門紙に、予想スコアとして書いた記事である。西野監督がまさかあんな記事までチェックしていたとは……。

決勝戦なのだから、1−0とか0−0、1−1といったスコアになると読むのも順当だったろうが、「攻撃」を看板にしているガンバ大阪と、このところようやく得点力が復活してきた川崎フロンターレの顔合わせなので、ノーガードの打ち合いを予想して……というより期待して書いたのが4−2という予想だった。

だが、勝負にこだわる両監督は、見事に僕の予想を裏切ってくれた。まず、川崎Fの関塚隆監督である。関塚監督は、DFの伊藤宏樹を左のアウトサイドMFとして起用したのだ。

たしかに、川崎にとって、このポジションは固定されていないポジションである。だが、たとえばFWの黒津勝をここに起用したこともあるし、久木野聡を使うこともできたはず。だが、関塚監督の選択は伊藤だったのだ。

G大阪の右(=川崎側から見て左)からのクロスを警戒したのである。「ガンバ大阪は全員右利きで……」というのが関塚監督の弁である。

前半は、それが功を奏した。G大阪の右サイドはMFに遠藤保仁、サイドバックに加地亮。うまく機能すれば、攻撃の起点としてきわめて危険な2人である。だが、このサイドを川崎Fがケアしたため、G大阪は右からあまり形を作れなくなってしまった。もちろん、川崎Fもこちらサイドでは攻めに出ることはなく、前半の主戦場は、川崎Fの右、G大阪の左サイド。川崎Fの森勇介とG大阪の安田理大のサイドでの攻防だった。そして、このサイドで、川崎Fが優位に立ち、さらにボランチの中村憲剛からのパスで鄭大世やジュニーニョにシュートチャンスが生まれた。前半は、川崎Fが優勢のまま終了した。

そして、ハーフタイムに思い切った手を打ったのがG大阪の西野監督だった。システムを4−4−2から3−5−2に変更。遠藤はボランチの位置に下げ、ボランチだった橋本英郎を右のアウトサイドに張らせ、サイドバックだった加地は3バックの一角としてストッパーとしてプレーさせたのだ。

選手交代はせずに、配置を変えることだけで、G大阪は前後半でまったく異なったチームとなった。練習などでは、やったことのない形だったそうだ。「自分の中でイメージしてはいた」と西野監督。

システム自体も準備したことのないシステムであり、同時に加地のストッパー、橋本の右アウトサイドと、あまり見たことのないポジションである。

加地の守備能力。そして、橋本の攻撃的センス。いずれも、西野監督がイメージし、期待したとおりのプレーを2人が見せる。前半、あまりパス回しに参加できなかった遠藤も下がった位置でボールタッチの回数も増える。また、3−5−2として、安田のポジションを上げたことで、こちらのサイドも前半と違ってG大阪が優位に立つ。

こうして、西野采配の成功で、後半はすっかりG大阪の試合となった。そして、55分の得点場面も橋本とバレーがからんだ右サイドからのクロスを一気にゴール前に駆け上がった安田が決めるという、狙い通りの形だった。

DFの伊藤をサイドで使っていただけに、川崎Fの方が戦術的な変更の可能性は高いと思って思っていたが、G大阪の思い切ったシステム変更に川崎Fは付いていけなかった。久木野を左アウトサイドに入れ、中村を2列目に上げるなど、川崎も選手を入れ替えて攻撃力向上を目指したが、交代のタイミングは遅れ、後手に回り、最後まで盛り返すことはできなかった。

守りの堅さで1−0という勝利をつかんだG大阪。そして、柔軟な采配でチームを変えてしまった西野監督。G大阪にとっては、単にナビスコカップというタイトルを取った以上の大きな意味のある勝利だったのかもしれない。

photo

後藤 健生
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院博士課程修了(国際政治)。64年の東京五輪以来、サッカー観戦を続け、「テレビでCLを見るよりも、大学リーグ生観戦」をモットーに観戦試合数は3700を超えた(もちろん、CL生観戦が第一希望だが!)。74年西ドイツ大会以来、ワールドカップはすべて現地観戦。2007年より関西大学客員教授