柔道

  • 柔道 見るなら J SPORTS

  • 柔道マスターズ2019

    青島大会

    12月13日(金)・14日(土) 生中継!

ご視聴方法

TV

オンデマンドで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

たっぷり録画!だからもう見逃さない!

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります

放送予定

  • 生放送でお届けする番組です
  • 4K4K画質でお届けする番組です
  • 初回初回放送となる番組です
  • 同日24時間以内の録画放送です
  • 無料スカパー!で無料視聴いただけます
  • 番組放送の都合上休止となる可能性があります
放送予定一覧

このページをシェアする

無料動画

SNSアカウント

メルマガ

JSPORTS GROOVE

J SPORTS GROOVE

J SPORTSを楽しみ尽くすための情報満載! 1週間分のおすすめプログラム紹介の他、プレゼント情報やイベントの案内などもお届けします。

新着記事

記事一覧はこちら

オンラインショップ人気アイテム

オンラインショップはこちら

注目選手

柔道グランドスラム2019 アブダビ大会

テディ・リネール(フランス)

2012年ロンドン大会から五輪2連覇中、2007年から世界選手権100kg超級8連覇中のスーパースター。「柔道」という競技自体を代表する存在であり、ジャンルを超えて尊敬を集めるカリスマアスリートである。2017年の金メダル獲得以後は世界選手権に姿を現さず、出場試合を極端に絞って東京五輪に向けて力を練っている最中。度々「柔道の母国で行われる五輪は特別」との旨発言しており、その入れ込みは相当なもの。 かつては組み手と戦術性の高さが最大の武器であったが、「投げずば決まらぬ」ルールの変化に対応して戦い方をバージョンアップ。2017年世界選手権では足技で「一本」を連発して頂点に立ってみせた。今年は7月のグランプリ・モントリオール、10月第1週のグランドスラム・ブラジリアとここまで2大会にエントリーしていずれも優勝。これまでの慎重な戦い方に加えて、思い切った大外刈やテクニカルな払腰で豪快な「一本」を連発する新境地を見せている。もっか、まさに無敵。

ジョルジ・フォンセカ(ポルトガル)

ことし8月に行われた東京世界選手権で優勝、母国ポルトガルに初めての金メダルをもたらした100kg級のニュースター。これまではセンス溢れる出足払やスピード豊かな背負投で豪快な「一本」を連発する一方、後半戦では体力が切れてあっさり負けるというようなことも多かった典型的な業師タイプであったが、同大会では一皮むけたパフォーマンスを披露。逆に体力が切れた強豪たちを次々投げつけて一気に世界の頂点を極めた。金メダル獲得後のダンスパフォーマンス、準決勝での「はしゃぎすぎてごめんなさい」と手を合わせての主審への謝罪と、いかつい容貌に似合わぬ人間くさい立ちふるまいも魅力。男女混合団体戦では負傷して泣きじゃくる女子78kg超級のホシェリ・ヌネスを「お姫さまだっこ」で畳から車椅子まで運ぶジェントルマンぶりを披露、満場の喝采を浴びた。2015年に癌の宣告を受けながらここまで辿り着いた「がんサバイバー」でもある。

ダリア・ビロディド(ウクライナ)

2018年バクー世界選手権で史上最年少優勝(17歳)、今年の東京世界選手権でも金メダルを獲得した48kg級のスター。170センチという飛び抜けた長身と、立っているだけで相手を弾き返してしまう体の強さが最大の武器。立てばリーチを生かしての圧力と遠間からの大内刈、寝れば長い足を駆使してのバリエーション豊かな「横三角」と、その攻撃はまことに強烈。来る東京五輪ではもちろん金メダルレースの最右翼である。モデルへの誘いが引きも切らぬという噂の美貌も話題、インスタグラムのフォロワーは20万人を超える。ウクライナの日本大使館から観光親善大使に任命されるなど、その活躍は既に柔道競技の枠を飛び越えている。高身長ゆえのコンディション調整の難しさなどを考えると、この先五輪までは出場大会を絞ってくることが濃厚。今大会は貴重な顔見世の場だ。

放送予定大会

開催日 大会名 開催地
2019年2月9日~10日 グランドスラム フランス/パリ
2019年2月22日~24日 グランドスラム ドイツ/デュッセルドルフ
2019年3月15日~17日 グランドスラム ロシア/エカテリンブルグ
2019年5月10日~12日 グランプリ グランドスラム
2019年5月24日~26日 グランプリ(ダイジェスト) 中国/フフホト
2019年7月5日~7日 グランプリ(ダイジェスト) カナダ/モントリオール
2019年9月7日~8日 全日本ジュニア体重別選手権大会 埼玉/上尾
2019年10月25日~27日 グランドスラム UAE/アブダビ
2019年12月13日~15日 マスターズ 中国/広州
  • ※内容は変更になる場合があります。
  • ※7月17日更新

柔道IJFワールドツアー

柔道IJFワールドツアー
  • ワールドマスターズ

    ランキング上位16名のみが出場できる年1回の「オールスター戦」。 優勝者の獲得ポイントが1800点と非常に高く五輪・世界選手権を睨んだシード権獲得の最重要大会となっている。

  • グランドスラム

    優勝者の獲得ポイントは1000点。世界選手権とワールドマスターズは年1回の開催なので、 年5回開催のこのグランドスラムが事実上のツアー最上位大会。世界選手権上位クラスのスター選手が多数参加しており、特にレベルが高い。

  • グランプリ

    優勝者の獲得ポイントは700点。中堅選手はグランドスラムにエントリーしても早い段階で強豪選手と対戦する可能性が高いためポイント獲得は容易ではない。 数多くグランプリに参戦して力を蓄えるのが世界トップクラス仲間入りへの王道だ。