お知らせ

2019年10月16日

ラグビーワールドカップ2019™ J SPORTSキャンペーン エミレーツ航空 フラッグベアラー 当選者の声

エミレーツ航空フラッグベアラー

今日では世界で8億人以上の人々がラクビーを楽しんでおり、世界のこの流れはアジア圏の若い人たちにより牽引されています。この次世代のラクビーファンを披露するために、エミレーツ航空は2007年からラクビーワールドカップのスポンサーを務め、一生に一度の体験となる「オフィシャル・フラッグ・ベアラー」を若きファンが参加できるように提供。

ラクビーワールドカップ2019日本大会においては10~16歳のお子様と保護者様を招待し、日本代表戦と準々決勝、準決勝、決勝でキックオフ前に選手と一緒に入場する機会を提供。さらに選ばれたお子様と保護者様たちに試合の観戦チケットもプレゼントしています。

ラクビーの祭典であるワールドカップにフラッグベアラーとして、日本から参加する幸運な勝利者の若きファンに、ラクビーに対する情熱とやる気など、また世界トップチームと交流する機会について話を聞いてみました。

1.富岡遼太郎くん - 東京都(12歳)

世田谷区のチームでプレーする遼太郎くんは、現在は中学受験の勉強の真っ最中。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

僕は、小学校2年生の時のワールドカップイングランド大会の日本対南アフリカ戦をテレビで見て「ラグビーってかっこいいな」と思い、その頃に住んでいた名古屋のラグビースクールでラグビーを始めました。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

試合では、チームや仲間のため体を張って戦う姿や、試合が終わると敵、味方関係なく相手チームを讃えあうところです。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

田村優選手です。スタンドオフとしてのプレーや、正確なキックを蹴る田村選手は、プレーも素晴らしいですが、NECグリーンロケッツ時代にぼくがトップリーグの試合を応援しに行った時、声を掛けたらサインボールを手渡してくれたり、練習試合でぼくがボールボーイをしていたら、声をかけてくれました。ファンに優しく接してくれる田村選手にずっと憧れています。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

日本でワールドカップが行われるのは一生に一度の機会だと思います。試合を観戦するだけで一生の思い出になると思いますが、ぼくはフラッグベアラーをやることで、さらに忘れられない一生の思い出になると思ったからです。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことは何ですか?

国の代表としてこれから試合に臨む選手たちの緊張感を一番近くで感じ、フィールドで選手たちと同じ景色を見られることを楽しみにしています。

──あなたにとっての夢は何ですか?

ラグビーの日本代表になる事です。

2.三浦穂香さん - 神奈川県(10歳)

穂香さんは、日本でラグビーが初めてプレーされた横浜市の横浜カントリー&アスレチッククラブ(YCAC)をホームグラウンドとする横浜YCラグビースクールに所属している。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

初めてラグビーをプレーしたのは、横浜市が主催した吉田義人さんによるラグビー教室です。ボールを持って走るのが楽しかったことをキッカケに、ラグビースクールに入ることにしました。ラグビーは、お父さんが好きなので、3歳くらいの時から、秩父宮ラグビー場に大学チームの試合などを見に行っていました。今でもラグビーのルールで分からないことも多いですが、ずっとプレーすることは楽しく感じます。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

背が大きい人も小さい人もいろんなポジションで特長を活かして、みんなで力を合わせてプレーするところ。毎年夏に、チームのみんなで宿に泊まって、わいわいラグビーをできるところも、ラグビーの好きなところの1つです。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

引退した選手では、廣瀬俊朗さん、現役の選手では福岡堅樹さんです。理由は、2人ともウイングの選手で、私もチームでウイングとしてプレーすることが多いからです。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

日本で開かれる大きなイベントに参加したいと思い、ラグビーをプレーする私にとって、このワールドカップは最高の機会だと思ったからです。

フラッグベアラーとして最も楽しみなことは何ですか?

世界のすごい選手を間近に見ながら、スタジアムのふかふかの芝生の上を歩けることです。

──あなたにとっての夢は何ですか?

絵やおしゃれが好きなのでデザイナーになりたいです。ラグビーなどスポーツ用品のデザインにも興味があります。

3.井上由羽さん - 神奈川県(16歳)

タグラグビーをイベントでやった事をキッカケにラグビーに興味を持った由羽さんは、ラグビーワールドカップに参加できることを心待ちにしています。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

体当たりで相手のチームをタックルで止めにいくところ。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

田中史朗選手。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

一生に一度の貴重な体験になると思ったから。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことは何ですか?

選手に直接会えることです。

──あなたにとっての夢は何ですか?

まだ決まっていません。

4. 山田渉瑛くん - 静岡県(12歳)

幼稚園年長から刈谷ラグビースクールに所属しているラグビー歴6年以上の渉瑛くん。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

プレーをしたのは6歳です。ラグビーの試合を見たのは、ラグビーをやっていた父の影響で幼稚園入園前からです。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

1つのボールをみんなでつないで、トライして仲間で喜びあうところです。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

チームに勢いをつける中村亮土選手のタックルが好きです。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

前回大会(2015年)の南アフリカ戦を生中継でみて、4年後日本で開催されるときにピッチに立ちたいと思ったからです。なので、フラッグベアラーを通して夢が叶いました。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことは何ですか?

選手入場は、ラグビーの試合の中でも最も緊張感のある素晴らしい瞬間の1つなので、自分も気持ちを高めて、しっかりと国旗を持って行きたいです。

──あなたにとっての夢は何ですか?

今回はフラッグベアラーとしてピッチに立つことで夢を叶えることができましたが、次は日本代表としてもピッチに立ちたいです。

5.鈴木悠太くん - 静岡県(11歳)

悠太くんは、現在ヤマハラグビースクールの5年生チームで活躍しており、過去には袋井タグラグビーチームとして釜石市の小学校との交流試合にも参加しました。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

ラグビーを観戦し始めたのは、2歳の時の観戦秩父宮ラグビー場でのトップリーグ(TL)のヤマハ対リコー戦からです。そして、5歳からヤマハラグビースクールでプレーしています。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

肉弾戦でありながら、前にパス出来ないという独特のルールがあって、前進しトライを奪うためにはどうするのか考えながら作戦を練る所が面白いから好きです。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

憧れの選手は複数いて、
・クワッガ・スミス選手(SRライオンズ/南アフリカ代表)のブレイクダウンの激しさ
・ヘルウヴェ選手(ヤマハ発動機ジュビロ/日本代表)のボールキャリーの力強さ
・鹿尾貫太選手(ヤマハ発動機ジュビロ/日本代表)の突き刺さる様な激しいタックル
に憧れています。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

J SPORTSでラグビーをいつも見ている父親がエントリーしてくれました。当選の報告を聞いた時は正直驚きましたが、ワールドカップという大きな大会にこんな形で参加出来る事を嬉しく思いました。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことはなんですか?

世界ランキング1位のアイルランド代表、われらが日本代表と僕が住む袋井市のエコパスタジアムのピッチに入場できる事。世界の超一流選手たちを近くに感じられる事が楽しみです。

──あなたにとっての夢は何ですか?

ラグビーに携わる仕事に就く事が僕の夢です。

6.曽根万莉絵さん - 東京都(10歳)

アナウンサーという夢を持つ万莉絵さんも、フラッグベアラーとしてラグビーワールドカップに参加できることを楽しみにしています。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

2017年に秩父宮ラグビー場で行われた日韓戦で初めてラグビーを観戦してから興味があります。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

スキルを競うスポーツという部分があるため、身体の大きさが違う人々でも一緒にできるのが好きなところです。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

五郎丸歩選手。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

ラグビーワールドカップに参加できることと、グラウンドに立ちたいと思ったことです。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことはなんですか?

グラウンドに立って選手をそばで送り出すことです。

──あなたにとっての夢は何ですか?

アナウンサーになる事です。

7.福田悠くん - 埼玉県(16歳)

悠くんは、田村優選手などの日本代表を多く輩出したラグビーの名門高校國學院大學栃木高校ラグビー部に現在所属しており、フラッグベアラーとしての意気込みを力強く答えてくれました。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

始めてプレーしたのは中学2年生で、初めて試合を観戦したのは、ワールドカップ前回大会の日本対南アフリカ戦です。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

互いを尊重しあう精神。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

高校のOBでもある田村優選手。もう一人が姫野和樹選手です。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

ラグビーが大好きで、日本で開催される一生に一度の他県だと思い、応募しました。そして、現在所属している國栃(國學院大學栃木高校)ラグビー部の出身の田村優選手の勇姿を間近で応援したいと思いました。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことはなんですか?

選手を一番近くで送り出せること。

──あなたにとっての夢は何ですか?

誰かの憧れになれる選手になりたいです。

8.志村凌くん - 千葉県(12歳)

凌くんは、年少の時から、ワセダクラブ・ラグビースクールに通っている12歳。中学に入学後も、休日にはワセダクラブで練習をしている生粋のラグビー少年です。

──ラグビーに興味を持ったキッカケは何ですか?

千葉に住んでいましたが、どうしても早稲田のグラウンドでラグビーをしてもらいたいという祖父の影響で、幼稚園の年少の時に初めてラグビーをプレーしました。それから、毎週通っています。

──ラグビーの好きなところは何ですか?

タックルで思いっきり相手を倒して、ボールを奪い返し、そこからトライに繋げられるそのチームプレーが好きです。

──あなたの憧れのラグビー選手は誰ですか?

パナソニック ワイルドナイツの福岡堅樹選手です。男子セブンズ日本代表でも15人制でも、足の速さを活かしたプレーが本当にかっこいいからです。

──フラッグベアラーに応募した理由を教えてください。

一生に一度のこの機会に挑戦してみたかったからです。

──フラッグベアラーとして最も楽しみなことはなんですか?

今からもう緊張していますが、最強のチームの選手と同じ決勝の舞台のグラウンドに立てることが本当に楽しみです。

──あなたにとっての夢は何ですか?

ラグビーチームのGMになって、強いチームを作ることです。

ラクビーワールドカップ2019の試合は9月20日から11月2日まで日本12都市で開催されます。試合の最新情報やラクビーワールドカップ2019に関する情報については、こちらをご覧ください。