1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

2018年シーズンを振り返る:その7

2018年シーズンを振り返る:その7

2018年12月18日 オジェ、王者への試練

セバスチャン・オジェが6度目のワールドチャンピオンに輝いた。これで同じフランス出身であるセバスチャン・ローブがもつ伝説のタイトル記録まであと3つに迫った。しかし2018年はこれまでと違っていた。最終ラウンドの極限のプレッシャーかかった雰囲気の中でタイトルが決定するという状況は彼にとっては初めてのものだった。

開幕戦から4戦のうちの3戦に勝利したオジェとコドライバーのジュリアン・イングラシアは17ポイント差でティエリー・ヌービルをリードした。しかしその後のヌービルの躍進と、ポルトガルの木の根っこがオジェのステアリングにダメージを与え、彼のフィエスタがディッチに送り込まれてからこの一年が様変わりすることとなった。

オジェはヒュンダイのヌービルを23ポイント差で追って3ラウンドを残してラリーGBに向かう。彼は3位まで順位を下げ、これまでのように狙われる側よりもむしろハンターの側に立つという彼にとっては不慣れなポジションに置かれることになり、追い込まれたことで彼の戦いへの本能が目覚めることになる。

オジェはラリーGBで5回目となる勝利をつかみ取ると、スペインでは再び緊迫した最終日のフィナーレを経て2位になり、最終戦のオーストラリアまで勝負は持ち越された。この時点でセブはトップに返り咲いているが、ヌービルとオット・タナックがすぐ背後から追う。

オジェはニューサウスウェストの森では、素晴らしい輝きを見せた。最初のスタート順は最悪の一番手スタート、ルースグラベルの道路掃除は彼の後ろを走るドライバーたちにとって有利となる。

しかし、彼はスタート前の緊張をうまく逃し、王者を奪うという断固たる決意と絶対に負けられないという強い思いを貫き、シリーズの中でも最もトリッキーとなったステージでも決してミスをすることなく、ライバルたちはクラッシュで消えることになった。これまで5つのタイトルを獲得してきたという経験値の違いが、まさしく最後の局面でオジェに6度目の王座をもたらしたと言えるだろう。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.