1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

2018年シーズンを振り返る:その3

2018年シーズンを振り返る:その3

2018年12月9日 「ローブの素晴らしい復活」

 メキシコとコルシカでその兆しがあった。彼はメキシコで間違ってホイール交換のために止まる前に、ダストの多いグラベルをリードしていた。そしてフランスのターマックでは、最速タイムを何度か記録した。しかし、9度の世界チャンピオンのセバスチャン・ローブが、今季の3ラウンドのプログラムの最終戦となったスペインで5年振りにWRC勝利を飾った時、チャンピオンシップは再び伝説の王者の前にひれ伏すこととなった。

 最終パワーステージのサンタマリナの終わりで、44歳のローブは涙ぐんでいた。イベント後の記者会見に到着したとき、メディアからの拍手の長さは、彼の偉業を物語っていた。ローブがスペインの混合路を走ったのは2012年以来だったが、最終レグを3位でスタートした後は、大胆なタイヤ選択が勝利に繋がった。

 優勝争いの選手の中でローブはミシュランのハードコンパウンドタイヤに賭けた唯一のドライバーだったが、ターマックは一晩雨が降った後すぐに乾燥し、ライバルたちが選んだソフトな選択肢よりも優れたグリップを得ることが出来た。最後から2番目のステージでスピンによって貴重な数秒を失ったが、ローブはセバスチャン・オジェに2.9秒差をつけて自身9度目となるスペイン勝利を獲得した。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.