1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS13-18:タナックが21.9秒をリード

SS13-18:タナックが21.9秒をリード

2018年11月17日 トヨタ1-2態勢で明日の最終日へ

トヨタGAZOOレーシングWRTのオット・タナックとヤリマティ・ラトバラがラリー・オーストラリアの二日目を席巻、最終日を1-2態勢で迎えることになった。

朝のループを終えて、ラトバラが首位に立ち、タナックが3.2秒差で続く展開となった二日目、ラリーはサービスを挟んで再び午前中のステージをトレースするが、路面状況はクリーンになると思われたが、実際には各ドライバーが想像していた以上にルースだったようだ。さらに青空が広がり、気温は22度まで上昇。わずかなタイヤ選択の違いがタイムに影響する難しいコンディションとなった。

SS13はニュージーランド出身のヘイデン・パッドンがベストタイムを奪った。0.1秒差でラトバラとタナックが続く。パッドンとタナックはともにハード4本+ミディアム2本。ラトバラはハード4本+ミディアム1本というタイヤ選択だ。ラトバラは「マシンに2本もスペアを積むのは嫌なんだ。ドライバビリティを落とすからね」とコメントしたが、それが吉と出るか。

続くSS14ではタナックがベストタイムを奪い、4秒遅れのセカンドベストだったラトバラを捉えて0.8秒差の首位に躍り出る。「ベストを尽くしてきた。簡単なコンディションではないが、少なくとも一定だ。もちろんマニュファクチャラー選手権が最優先事項だ。だからこそ僕たちはこのラリーを確実にモノにする必要がある」と、タナックは優勝への決意を言葉の端々にみなぎらせる。

エサペッカ・ラッピがベストタイムを刻んだSS15でもタナックは0.7秒遅れでセカンドベストを記録したが、ラトバラは7.3秒差の5番手タイムにとどまった。「スペアを2本積んでおくべきだったね。スタートしてすぐにグリップがなくなった」と語る彼のタイヤは摩耗が進み、為すすべなしだ。短いSS16もタナックがベストタイムでその差は9.7秒に広がった。

波乱の土曜日を締めくくるのは、コフスハーバーに特設されたデスティネーションNSWのスーパーSSだ。ワークス勢は4台ずつグループになって交互にSS17、18と連続して走る。そしてここでちょっとした異変が起こった。セバスチャン・オジェ、ラッピ、タナック、パッドンのグループがSS18を走行している頃に大粒の雨が降り始めた。ドライ路面で走ったSS17に比べてそれぞれ6秒から8秒ほど遅いタイムに止まることになり、その後に走行するドライバーたちは大きくタイムを落とすことになった。SS17、18ともに雨の中の走行となったラトバラは、雨が降り始める前にSS17を走ったパッドンに1.9秒差まで迫られることになったが、SS18で何とか踏ん張って2位の座をキープした。「わずか2kmで10秒を失うのは本当にばかげた話だ。正常なことではないし、もしタイトルを争っていてそれが起きてしまったら、フェアな結果ではなかっただろう」とラトバラはステージエンドで怒りを堪えるしかなかった。

ラトバラの足踏みにより、この短いステージで首位のタナックのリードは21.9秒へと広がった。前日ウォータースプラッシュでボディパーツを失い、耐えるラリーを強いられながらも鮮やかな反撃で首位に立ち、今季最多の5勝目に王手を掛けることになった。そしてトヨタも1-2態勢で1999年以来のマニュファクチャラータイトル獲得に王手を掛けた。

3位のマッズ・オストベルグに4.3秒差の4位で午後のループをスタートしたパッドンは、SS13のベストタイムを含み、コンスタントに好タイムを並べ、SS15でオストベルグを抜いて3位にポジションを上げ、ラトバラにもわずか4.4秒差に迫っている。初日を首位で折り返していたオストベルグは4位。タイヤ選択の誤りもあってリズムに乗り切れず、パッドンとの差は20.3秒まで開いてしまった。さらに後方3.8秒差には3台目のヤリスWRCを駆るラッピが迫る。

タイトルに向けて着々と進むオジェは「この順位ならば(タイトル獲得のための)ポイントは足りているから、これ以上のリスクは冒したくない」と午後のループも完璧な走りでペースをコントロールして6位。午後もダスティなグラベルにはばまれてペースを上げられなかったティエリー・ヌービルは「今、僕ができるのはせめて2つ順位を上げるように頑張るだけ」とプッシュし続け、ロングステージのSS14でフォードの一翼、テーム・スニネンを抜いて8位に浮上することになった。しかし、逆転タイトルの可能性のためにさらに順位を上げたいところだが、7位のエバンスまではまだ30秒もある。

ラリー・オーストラリアの最終日は、早朝6時にパルクフェルメを出て、コランバ(15.55km)、サファイア(19.27km)、ウェディングベルズ(7.16km)の3つのステージを2回ループする計83.96kmのSSで争われる。オープニングSSのコランバは現地時間6時53分(日本時間4時53分)のスタートが予定されている。いよいよシーズンフィナーレの瞬間が近づいてきた。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.