1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

オジェがシェイクダウンで一番時計

オジェがシェイクダウンで一番時計

2018年11月15日 タナックが0.2秒差の2番手タイム

2018年世界ラリー選手権(WRC)最終戦ラリー・オーストラリアのシェイクダウンが木曜日に行われ、選手権リーダーのセバスチャン・オジェが2分53.8秒のトップタイムを奪い、6年連続王座にむけて完璧な準備が整っていることをアピールすることになった。

オーストラリアのシェイクダウンは朝8時から5.07kmのブッカ・ステージでスタートした。ほかのイベントのシェイクダウンとは異なり、オーストラリアでは金曜日の朝のオーララのステージを一部使うなど、実際のコースとキャラクターはほとんど同じであるため、ドライバーたちは本番にむけていつも以上に熱心に取り組むことになった。

シェイクダウンでの1回目の走行では一番手走行のオジェがダスティな路面に苦しむなか、トヨタのオット・タナックと並びチームメイトのヤリマティ・ラトバラが同タイムの一番時計で続き、早くもトヨタ勢が好調な走りをみせつける。2回目の走行でもタナックが自身のタイムを4.1秒塗り替えるベストタイム、さらに今度はエサペッカ・ラッピが同タイムで並び、上位をふたたびトヨタ勢が占めることになる。

3回目の走行では、シトロエンのクレイグ・ブリーンがタナックを0.4秒上回ってみせたが、4回目の走行でふたたびタナックが2分54秒の一番手タイムを叩きだしてシェイクダウンをトップで終えるかにみえた。

しかし、路面掃除に苦しんだあとセットアップを変更するためにコフスのサービスへと戻っていたオジェが、3回目の走行でタナックに0.1秒差に迫り、さらに4回目の走行で0.2秒上回り、2分53.8秒のシェイクダウン・トップタイムを奪うことになった。

2番手にはタナックとともに、6回の走行を行ったヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンが並び、クリーンな路面では速いペースをみせたティエリー・ヌービルがさらに0.1秒差の4番手タイムで続くことになった。なお、ヌービルはアップグレードされた2019年仕様のシリンダーヘットに変更された新しいエンジンを使用しているという。

■ラリー・オーストラリア・シェイクダウン
1: S.オジェ 2m53.8s
2: O.タナック 2m54.0s
- : A.ミケルセン 2m54.0s
4: T.ヌービル 2m54.1s
5: C.ブリーン 2m54.6s
6: H.パッドン 2m54.7s
7: J-M.ラトバラ 2m54.9s
8: E.ラッピ 2m55.0s
9: T.スニネン 2m55.1s
10: E.エバンス 2m55.2s
11: M.オストベルグ 2m56.3s


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.