1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ローブが逆転優勝、通算79勝を達成

ローブが逆転優勝、通算79勝を達成

2018年10月28日 ラトバラはパンクでまたも勝利を逃す

2018年世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・デ・エスパーニャにおいてシトロエン・レーシングからスポットで参戦したセバスチャン・ローブが最終日に逆転優勝を飾り、2013年のラリー・アルゼンチン以来、およそ5年半ぶりとなる通算79回目の勝利を獲得した。

最終日は、リウデカニエス(16.35km)とサンタ・マリーナ(14.50km)の2つのステージをサービスをはさんで2回ループする4SS/61.70kmという短い一日だ。前日までの雨はすでに止んでおり、グラベルクルーからはステージの路面は湿っているところもあるが、ほぼドライコンディションだとの情報がもたらせれている。気温も10度を切っていることからほとんどのドライバーたちはすべてソフトコンパウンドタイヤをチョイスすることになったが、ローブだけはすべてハードを選ぶことになった。

この選択はギャンブルにも見えたが、首位のヤリマティ・ラトバラから8秒差の3位で最終日をスタートしたローブは、オープニングSSのリウデカニエスでベストタイム! 2位につけていたセバスチャン・オジェとともにラトバラさえも一気に抜き去って首位に浮上することになった!

今季3度目のスポット参戦としてスペインをスタートしたローブは、木曜日にバルセロナ近郊で行われたストリートステージではエンジンをストールさせて27番手タイムで発進、金曜日のグラベルステージでは走行順にも恵まれて4位までポジションを上げ、雨によってさまざまな波乱が起きた土曜日のターマックステージでも3位まで順位を上げていた。彼にとっては雨のターマックは、引退を決意したあとの最後の母国ラウンドとなった2013年のラリー・ド・フランスだったが、このときは地元アルザスのファンの声援も空しくクラッシュしてリタイアに終わっていた。

9度のワールドチャンピオンとはいえ、すでに引退してから5年がすぎたローブがこの週末にラリーをリードするとは誰が想像しただろうか。彼は、続くSS16サンタ・マリーナでも連続してベストタイムを並べ、ラトバラとの差を7.1秒差まで広げて昼のサービスへと戻ってきた。

ローブは朝のループで誰もハードをチョイスしなかったことに驚いていると語った。「朝の時点でこの選択をするのは困難だったかもしれないが、僕らのグラベルクルーの情報はドライで、どんどん乾いているとのことだった。その情報と、昨日まで経験したことから、ハードが正しい選択となるだろうと僕らは考えていた。誰もこの選択をしなかったのは驚きだった。それは最高のものだったからね!」

オープニングSSのステージエンドでローブから10.6秒も遅れたことを報されたラトバラは愕然とした表情となったが、続くSS16ではなんとか後れを取り戻すべく攻め込んだが、終盤のツイスティでバンピーなセクションで跳ねてしまいあわやコースオフ寸前となってしまい、7.1秒差をつけられて最初のループを終えることになった。「ハードでいくことは考えもしなかった。僕らには雨が降るとの情報もあったからそうなることを期待した選択だった。だが、セブのほうが正しいチョイスだったというわけだ。オジェもすぐ背後にいるし、このあともプッシュする必要がある」

オジェは、「ハードタイヤは選手権を争う僕らにはギャンブルすぎた。セブはリスクを冒し、僕らはこのバンピーなステージでそれは不可能だった」と語り、あくまでターゲットはティエリー・ヌービルとの選手権の勝負だと気持ちを立て直す。5位で最終日を迎えた選手権リーダーのヌービルもソフトを選んでいたためベストな走りではなかったが、彼はSS16でエルフィン・エバンスを抜いて4位へ浮上、オジェの3.8秒後方まで迫ってきた。

朝のループでのローブのタイムに影響されたようにすべてのドライバーがハードを中心とした選択を行って2回目のループに臨むことになった。

ローブは2回目のリウデカニエスも強烈なスピードでスタート、最初のスプリットではラトバラやオジェを5秒近くも引き離してみせたが、ラウンドアバウトのドーナツターンで出口を見失ってスピン、10秒近くをロスしてしまう。これでラトバラが首位に迫るチャンスがあるかに思われたが、なんと彼は左コーナーのイン側にガードレールに近づきすぎて左フロントホイールをヒットしてパンク、48秒を失って6位へと後退してしまった。

ローブはどうにか首位をキープしたものの、このステージでベストタイムを奪ったオジェが3.6秒差に迫ることになった。そしてセブ対セブの一騎打ちでヒートアップした最終ステージ、ローブは摩耗したフロントタイヤで激しいアンダーステアと戦いながらも気迫の走りでオジエから2.9秒差で逃げ切り、シトロエンに今季初勝利をもたらすことになった。

「本当に信じられない! 本当に毎日ベストを尽くしてきたんだ。リスムを掴むのに毎朝本当に苦労してきた、今朝以外はね。なんとかクルマのフィーリングを取り戻すことができるようになって、プッシュすることができた。素晴らしい気持ちだよ。またラリーに勝利できるなんて信じていなかったよ!」とローブは喜びを語った。

3位につけていたヌービルもパワーステージでオジエと遜色のないスプリットタイムで駆け抜け、ボーナスポイントを狙ったが、エバンスがかきだした石を避けられずに右リヤホイールにダメージを負ってしまう。彼はパンクしたマシンでリヤを激しく振り回してどうにかフィニッシュするも2.5秒をロス、0.5秒差でエバンスに3位を明け渡すことになり、Mスポーツ・フォードがダブルポディウムを獲得することになった。

4位に順位を落としたヌービルは、パワーステージでも6番手タイムに終わり、ボーナスポイント獲得ならず。オジェが3ポイントをリードして、最終戦ラリー・オーストラリアを迎えることになった。

ダニエル・ソルドは、エバンスからわずか0.6秒遅れで最終ステージを迎えたが、アンダーステアに苦しんでペースを上げられず、ヌービルの1.6秒後方の5位でフィニッシュすることになった。

ラトバラは、土曜日のパンクで大きく遅れたオット・タナックのドライバーズ選手権でのチャンスを広げるために最終ステージで41.2秒遅れてフィニッシュし、タナックとエサペッカ・ラッピの後方に順位を下げて8位でフィニッシュすることになった。

6位でのゴールを迎えたタナックは狙いどおりにパワーステージでトップタイムを獲得、ボーナス5ポイントを加えて選手権では19ポイントのビハインドで辛くも最終戦に逆転チャンピオンの可能性を残すことになった。「僕たちは非常に失望している。もうほぼ不可能に近いとは思うが、あきらめてはいない、僕たちは最後までプッシュし続けるよ」

マニュファクチャラー選手権は、トヨタが引き続きトップを維持したが、波乱の一戦を終えて、ヒュンダイ・モータースポーツが12ポイント差に迫ることになった。

二つの選手権のタイトルがかかった最終戦ラリー・オーストラリアは11月15〜18日に開催される。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.