1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS2-3:タナックがリード、トヨタが1-2態勢

SS2-3:タナックがリード、トヨタが1-2態勢

2018年10月26日 オジェはSS3で軽くオフして6位に後退

トヨタのオット・タナックが、ラリー・デ・エスパーニャの金曜日朝に素晴らしい速さをみせて首位に立ち、チームメイトのヤリマティ・ラトバラが2位で続き、トヨタが1-2態勢を築いている。

ラリー・デ・エスパーニャは金曜日、タラゴーナ地方の丘陵地帯のグラベルステージへと舞台を移して本格的な戦いが始まることになった。前夜にバルセロナで行われたオープニングステージでセバスチャン・オジェがベストタイムを奪ってラリーをリード、タナックは4.2秒遅れの3番手タイムで金曜日をスタートしたが、彼はSS2ガンデーザ(7.00km)でベストタイムを奪ってオジェの0.1秒後方へと迫り、さらにSS3ペセルス(26.59km)では2番手タイムを叩き出し、首位へと浮上することになった。

「パーフェクトなステージではなかった。スタート順が前の方だからね。フロントがとてもスリッパリーで、後から走るクルマの方がもっと速くなるはずだ。これ以上文句は言えない、僕たちはヤリスのアドバンテージを十分に生かしているわけだからね」とタナックは語った。

ラトバラは前夜のオープニングSSではタイヤのマッチングに苦しんで11番手タイムに終わったが、SS2では2番手タイム、そしてSS3のベストタイムでタナックから6.1秒差の2位へと順位を上げることに成功している。「(タイムには)驚いているよ! 僕たちのペースは遅すぎるのか速すぎるのかわからなかったからね。何度もスライドしていたんだけど、うまく機能しているみたいだ! 自信も、一歩一歩ついてきているよ」

ラトバラから1.8秒差の4位には、SS3で3番手タイムを奪ったMスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスが続いており、5位にはヒュンダイ最上位のダニエル・ソルドがつけている。

2番手の走行ポジションでオジェは路面掃除に苦しみながらもSS2では首位を守ったが、SS3でフィールドに軽くオフ、20秒近くを失ってしまい、首位のタナックからは18.6秒遅れの6位まで後退してしまった。

7位につけるのは選手権リーダーのティエリー・ヌービル。彼は、このあとのロングステージでのタイヤ摩耗を警戒してハード4本とミディアム1本のタイヤ選択でスタートしたものの、路面を覆ったグラベルは予想以上に多く、ダスティで滑りやすいコンディションにこれまでのところは苦しんでいる。

エサペッカ・ラッピはブレーキに問題を抱えてSS2で軽くオフを喫し、フロントガラスにひびが入ったために視界に苦しんでおり、10位に低迷している。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.