1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:オジェがバルセロナSSを制してリード

SS1:オジェがバルセロナSSを制してリード

2018年10月26日 2番手にヌービル、3番手にタナック

2018年世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・デ・エスパーニャが、木曜日の夕方にバルセロナの市街地で行われたストリートステージで開幕、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェがベストタイムをマーク、選手権リーダーのティエリー・ヌービルに3.7秒差をつけてリードを奪った。

ラリー・デ・エスパーニャは2年ぶりにモンジュイック丘の麓のストリートステージに帰ってきた。レイナ・マリア・クリスティナ通りのワイドなセクションとマジカ噴水周辺の狭くてトリッキーなセクションが組み合わさったこのステージにむけて、オジェはミディアムタイヤを4本チョイス、この戦術でわずか3.20kmのこのステージで後続を1kmあたり1秒以上引き離してラリーをリードすることに成功した。

「ここまではよかったが、このあとの週末は簡単ではないだろうね。ここでは(ミディアム)タイヤの戦略がよかった。明日のぶんのタイヤは少なくなるが、どうにかマネージメントできると思う」とオジェは語っている。

ヌービルはこの日の朝に行われたシェイクダウンで横転、逆さまになってマシンを止める波乱のスタートとなったが、サービスに戻された彼のマシンはダメージのあったフロントの冷却系を中心に完全に修理が行われており、オープニングSSでもオジェに続く2番手タイムで続くことになった。彼はオジエとのタイム差は、ハードとミディアムをミックスしたタイヤのせいであることを認めたが、マシンの修理が完璧に仕上がったことをメカニックたちに感謝していた。

また、ヌービルの0.5秒後方にはトヨタのオット・タナックが続いており、選手権を争うトップ3が上位を占めることになった。

4番手にはアンドレアス・ミケルセン、5番手にはエルフィン・エバンスが続き、なんと6番手にはこれがデビュー戦となるフォルクスワーゲン・ポロGTI R5を駆るエリック・カミリーが続くことになった。

シトロエンから今季3度目のWRC出場が注目されたセバスチャン・ローブはタイトターンで失敗してエンジンをストール、15.9秒をロスして総合27位と大きく出遅れてしまった。

ラリー・デ・エスパーニャは金曜日の朝からタラゴーナ地方の丘陵地帯のグラベルステージで本格的な戦いの幕を開けることになる。土曜日以降は雨になるとの予報だが、いまのところ明日はドライコンディションになりそうだ。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.