1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ソルドとマウンテンバイクがダウンヒル対決

ソルドとマウンテンバイクがダウンヒル対決

2018年10月16日 4輪と2輪がダウンヒルで一騎打ち

4輪と2輪はどちらが速いだろうか? 常識的には、300馬力以上のラリーカーとダウンヒルのマウンテンバイクでは、競争にならないだろう。しかし、ダニ・ソルドの駆るヒュンダイのWRカーとスペイン出身のフリーライダー、アンドレオ・ラコンデグイとの一騎打ちは、それがかならずしも常識通りには行かないことを証明した。

ポルトガルの中心にあるロウザンの丘で『(ファスト・エンカウンター)』と名付けられた今までにない挑戦に臨んだ。ソルドはラリー用コース、ラコンデグイはそれを縫うように走り抜ける自転車用コースを走った。

コースは絡み合い、クルマが自転車用走路を横切ったり、その逆もある。2人は風景に点在する風車を蛇行しながら見事な緑の眺望を高速で通過する。

ロウザンではかつて1980年代と1990年代にラリー・デ・ポルトガルのコースに入っており、このバイク専用路はアザートン兄弟(ダン、ジー、レイチェル)のお気に入りで、ラコンデグイ自身も得意としている。

4輪の走路は、下り坂に入るとより景色が綺麗なルートで、途中でグラベルやダスト、葉っぱを舞い上げながら進むが、ラコンデグイのフィニッシュへの道はより直線的なコースのため、終盤は競争には適さなかったようだ。最終的には大接戦の末、かろうじてソルドが競り勝っている。

今回の対決について、ラコンデグイは次のように語った。

「コックピットのダニは、クレイジーだった。僕たちが最初に仕掛けた時、ダニはオールグラベルの危険なコーナーでターンしなければならなかったが、信じられないことに、彼はそれを成功させた」

「彼の走りは信じられないほど素晴らしかった。WRカーと彼がもの凄いスピードで下り坂を走っていくのを両側から見ることができた。僕は彼に感銘を受けたし、彼がやっていることは信じられないほどだったよ。彼のジャンプやクレイジーなダウンヒルを見るのは常に楽しいね」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY11】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.