1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ウィルソン、セブとジュリアンとの表彰台は誇り

ウィルソン、セブとジュリアンとの表彰台は誇り

2018年10月9日 「信頼性の問題で選手権を台無しにするのが恐い」

Mスポーツ・フォードの代表を務めるマルコム・ウィルソンは、ウェールズ・ラリーGBでの大逆転劇で勝利をつかんだセバスチャン・オジェとの歓喜のポディウムが今年で最後になることに心底寂しい思いでいる。

Mスポーツ・フォードは、昨年のラリーGBではダブルタイトルを獲得し、さらにエルフィン・エバンスが優勝するという夢のような瞬間を経験したが、あれから一年後の今年は最悪の出来事が初日から重なった。

2位につけていたエバンスが原因不明のミスファイアによってマシンストップ、初のWRカーでのラリーGBにもかかわらず3位で健闘していたテーム・スニネンもクラッシュで戦列を去っていた。そして、タイトル争いで厳しい戦いを強いられていたオジェもギヤボックスの問題で8位まで後退・・・優勝どころかトップ3も困難な状況になったかに思われた。

ウィルソンは、最終日にオジェがヤリマティ・ラトバラを逆転したグイデイルの2回目の走行に心底胸を打たれたと明かすとともに、少なくとも金曜日の時点でふたたび表彰台の頂点に立てるとは考えてなかったことを認めた。

「私は金曜日に、12ヶ月でなんてこれほど違うものになるのかと言ったが、24時間でこれほどまでに違うラリーになるとはね! セブとジュリアンのパフォーマンスは見事だった。私は誇りに思う」とウィルソンは語った。

「セブは最終日、(ターマックの)グレートオームでアメージングな走りを見せた、でも私はセブの今年一番のステージはグラベル(グイデイルの2回目の走行)での走りだったと思っている。あれは驚くべきパフォーマンスだった。唯一悲しいのは、彼と一緒にポディウムに立つことができるのは、あと2回のイベントだけになってしまったことだ、だからこの2つは最高のものにしたい」

ウィルソンは、オジェのチャンピオン争いを信頼性の問題によって台無しにすることを、いまもっとも恐れていると語った。

「私がいちばん恐れるのは、信頼性において彼らをがっかりさせてしまうことだ。今回エルフィンのクルマで、これまでこのクルマを走らせるようになってから一度も起きていないことが発生してしまった。そしてセブも初日に1速と2速のギヤが壊れる問題があって苦しんだ。我々はどのようなことも起こる得ることを留意しなければならない。そして残りのイベントではセブとジュリアンに信頼性の高いクルマを準備する必要がある」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.