1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS19-23:オジェがGBで逆転優勝

SS19-23:オジェがGBで逆転優勝

2018年10月7日 トヨタのラトバラと最終日に大バトル

2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第11戦ウェールズ・ラリーGBの最終日は、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェが一度首位を譲ったヤリ-マティ・ラトバラをふたたび抜き返して、逆転勝利を飾ることになった。

ラリーGBの最終日は、ウェールズ北部が舞台となり、新しいエルシー(10.06km)から始まり、それに続くグイデイル(14.76km)がパワーステージとして行われたあと、オールターマックのグレートオーム〜スランディドノ(8.03km)がそれに続き、タイヤ交換のあとグイデイルとグレートオーム〜スランディドノの2回目のループが行われるという特徴的な一日となる。わずか5SS/55.64kmという短い最終日だが、めまぐるしくドラマが重なったローラーコースターのようなイベントにふさわしい攻防のドラマが最後のステージまで続くことになった。

最終日は、今季初優勝に燃えるラトバラの激しいプッシュで幕を開けることになった。雨こそ降らなかったものの、コース脇には霜が下りるほど寒い朝となったため、湿り気を帯びた北ウェールズの森林ステージは危険なほどに滑りやすくなっていたが、ラトバラはオープニングステージのSS19エルシーで4.4秒あったオジェとの差を1.7秒まで縮めることに成功、さらにSS20グイデイルのパワーステージではクレストを越えた先にワイドになりながらも渾身のベストタイム、オジェに3.6秒差をつけてついに首位に立つことになった。

「全開でプッシュしたよ。けれど、非常に難しいステージだった。なんども危ない瞬間があったんだ。クレストを全開で越えたらマシンがドリフトし、大きな衝撃がくると思ったが、なんとか走り続けることができた」

いっぽう、首位を追い掛ける立場となったオジェは、「とてもトリッキーだったので、ミスをしたくなかった」と、朝の2つのステージでやや慎重だったことを認めたが、次の海岸沿いを走るオールターマックのグレートオームのステージでオジエは衝撃の速さをみせる。

少しでもマシンをスライドさせれば、歩道の縁石が危険な罠となって待ち受けていることを彼は知りつつも、わずか8.03kmのこのステージでラトバラに3.4秒差をつけるベストタイム、首位まで0.2秒差に迫ることになった。

オジェはステージエンドで自身のタイムに満足したように笑顔をみせ、「これが僕たちの挑戦だ。難しい朝だった。トヨタは非常に強いが、僕たちは最後までプッシュし続けるよ」と最後まで戦いを挑むことを決然と表明、朝のループでパワーステージとして行われたグイデイルの2回目の走行では、渾身の走りでベストタイムを叩き出してついにラトバラを逆転、3.1秒差で首位を奪い返した。「ビッグプッシュだった、僕はこの勝利がどうしてもほしいから戦っていくよ!」

最終ステージのグレートオームのステージでは朝の走行のあとさまざまな催しが行われていたが、スランディドノの市街地のゴール近くでイベント関係のクルマが事故を引き起こしたため、2時間近くも遅れてステージは再開されることになった。オジェはここでも危なげない走りでベストタイム、ラトバラは海からの風ですっかり冷えきったグラベルタイヤでターマックを全開で攻めるリスクを避けてペースを落としたため、最終的にオジェは10.2秒差をつけて今季4勝目を飾るとともに、ラリーGBにおける史上最多の5度目の勝利を達成することになった。

「本当に大きな週末、そして本当にタフな戦いだった! オイットはあまりに遠いところにいる、と思っていたら、彼にトラブルが発生してしまった。そして今度はヤリマティが本当に強かった。森林の中、本当にキツくて走りきるのは無理かもしれないとも思ったけど、ターマックは得意なサーフェイスだったから、なんとか勝利を掴むことができたよ」

最終日のもうひとつのハイライトとして、3位のエサペッカ・ラッピと1.7秒差の4位につけるクレイグ・ブリーンのバトルが注目されたが、オープニングSSでラッピがベストタイムで二人の差を7.1秒へ広げ、グイデイルの1回目の走行でブリーンがスピンを喫して万事休す、ラッピが3位のポディウムを守り切ることに成功することになった。

トヨタは優勝こそ逃すことになったが4戦続けてのダブルポディウムを達成して、マニュファクチャラー選手権でヒュンダイに20ポイントの差をつけることになった。

いっぽう、ヒュンダイ・モータースポーツは最終日、ティエリー・ヌービルのドライバーズ選手権のリードを優先するために控えめなやり方ではあったがチームオーダーを発令することになった。土曜日のコースオフで8位に後退していたヌービルは、7位につけていたチームメイトのヘイデン・パッドンをSS20で抜き、さらにシナリオ通りにアンドレアス・ミケルセンをSS21で抜くことになった。さらにこのステージでは5位につけていたマッズ・オストベルグがスピンしたため、ヌービルは予定外の5位でフィニッシュすることになった。

また、ヌービルはSS20グイデイルのパワーステージでは一番手というスタート順にもかかわらず4番手タイムを記録、ボーナス2ポイントを加算して合計12ポイントを獲得、ドライバー選手権のトップをキープするとともに獲得ポイントを189ポイントまで伸ばしている。

優勝を飾ったオジェは、パワーステージでの3ポイントもあわせて182ポイントまで獲得ポイントを伸ばして、ヌービルまで7ポイント差に迫っている。また、ラリーをリードしていながら土曜日にラジエータ破損でリタイアとなったトヨタのオット・タナックはポイント圏外の総合19位でフィニッシュしたものの、パワーステージで2番手タイムを記録、ドライバー選手権ではヌーヴィルから21ポイント差の3位へと一歩後退することになった。

長かったシーズンも残すところあと2戦。次戦は3週間後に行われるラリー・デ・エスパーニャだ。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY11】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.