1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:トヨタ、1-2態勢でGBをスタート

SS1:トヨタ、1-2態勢でGBをスタート

2018年10月5日 ラッピが一番時計、ラトバラが0.3秒差の2番手

2018年世界ラリー選手権(WRC)第11戦のウェールズ・ラリーGBが木曜日に行われたナイトステージで開幕、エサペッカ・ラッピがトップタイムをマーク、0.3秒差でヤリマティ・ラトバラが続き、2台のトヨタ・ヤリスWRCが1-2でラリーを引っ張ることになった。また、選手権リーダーのティエリー・ヌービルもラトバラと同タイムで並んで2番手で続き、佳境となっている選手権争いにむけて好スタートを切っている。

ウェールズ・ラリーGBの初日は昨年と同様にティル・プリンス・レースウェイで行われた1.7kmのスペクテイターステージで開幕することになった。ふだんはホースレースがふだんはホースレースが行われオーバルトラックと隣接した公園のツイスティなセクションが組み合わされており、スラローム、ドーナツターン、2つのジャンプが設定されている。朝の雨のあとメイントラックの路面はかなり乾いたが、公園のセクションはまだ湿っているため土埃は舞い上がらない。

美しいカクテル光線に照らされるなかトップグループがリバースの順でスタート、ソフトタイヤ5本を選択したトヨタ勢がタイムを伸ばしてラッピが一番時計、0.2秒差でラトバラが続くことになった。

これに対してソフトを温存することを選んだヒュンダイ勢はミディアム4本とソフト1本の組み合わせながら、ヌービルがこのトリッキーなショートステージでラトバラと並ぶ2番手、Mスポーツ・フォードはオール・ミディアムのセバスチャン・オジェが首位から0.7秒差、ヌービルから0.4秒差でピタリとマークすることになった。

シェイクダウンでコースオフして冷却系にダメージを負ったトヨタのオット・タナックはフラストレーションの朝となったが、アクシデントの影響がまったくない走りでトップから0.9秒遅れの5番手タイムで続いてる。

6番手と7番手にはアンドレアス・ミケルセンとヘイデン・パッドンのヒュンダイ勢が続き、8番手にはシェイクダウンを制したMスポーツ・フォードのテーム・スニネンがつけている。

ラリーは明日の金曜日には北ウェールズの森林ステージを舞台を移して、本格的な戦いがスタートする。オープニングSSのクロッケノグ(7.67km)は現地時間7時56分(日本時間15時56分)のスタートが予定されている。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.