1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

タナック、選手権のためにさらなる改善を望む

タナック、選手権のためにさらなる改善を望む

2018年9月19日 タイトルチャレンジへ強い意志をアピール

トヨタGAZOOレーシング・ワールドラリーチームのオット・タナックは、ラリー・トルコの勝利によってワールドチャンピオンへの希望の扉が大きく開いたと感じているが、タイトル争いのためにはチームと自身がさらなる改善に努めることが必要だと語った。

タナックははフィンランド、ドイツ、トルコの2連勝に続き、先週のトルコでも勝利を飾り、選手権リーダーのティエリー・ヌービルまで13ポイント差に迫っている。しかし、ついに選手権の逆転さえ可能なポジションに辿り着いたとはいえ、タナックはトルコの厳しいコンディションのなかで自身が今季もっとも速さをだせなかったと認めており、選手権のためにさらなる改善に集中しなければならない分析している。

「本当に今季最大の挑戦だった。予想通り、イベントは過酷だった。このような歴史に残る結果になるとは予測もしていなかった」とタナックは語った。

「僕たちは金曜日、フィーリングも掴めず、まったくスピードを出すことができずに、少しイライラした。もちろんイベントの前から、これは最速のドライバーが勝つイベントではないと分かっていたし、予想どおりに僅かなミスでもクレージーな仕打ちが待っていた。僕たちは自分のスピードを保ち、なんとか自分たちの仕事をやり遂げたが、僕たちにペースがなかったことは確かだ」

「僕たちはタイトル争いの真っ只中にいる。しかし、すべてのチームが必死なので、僕たちも選手権を争うのなら、さらに改善を続け、次のイベントに集中し続ける必要がある。僕らは最終的に1-2を獲得したが、僕らが今季もっとも遅かったことは確かなので僕たちは改善を続けなければならない。チームのすべての人々が良い仕事をしようと高いモチベーションを持っているし、僕はすべてが可能だということに疑念はない。僕たちはプッシュし続けるよ」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.