1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:ミケルセン、スーパーSSを制してリード

SS1:ミケルセン、スーパーSSを制してリード

2018年9月14日 オジェがまさかのミスで14番手に沈む

世界ラリー選手権第10戦ラリー・トルコは、木曜日の夜にマルマリス・ハーバー近くの市街地で行われたナイトステージで開幕、ヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンがトップタイムでスタートすることになった。

すでに街の陽は落ちて暗くなっており、タイトターン、ラウンドアバウトのドーナツ、ジャンプスポットなどが組み合わされた全長2kmのターマックと石畳のステージで繰り広げられるエキサイティングな戦いを大観衆が見守ることになった。

ミケルセンは、朝のシェイクダウンでトランスミッションのトラブルに見舞われてマシンをサービスまで牽引されることになったため、本番にむけて思ったような最終調整ができなかったが、このオープニングSSでは運命が変わることを願って、ほかの全ドライバーがハードタイヤ5本を選択するなか、ミディアムタイヤ5本を選択するというギャンブルでトップタイムをマーク、ラリーリーダーで未知なるトルコを発進することになった。

シェイクダウンでのトラブルについて聞かれたミケルセンは、すべて問題はないと答えている。

「もう大丈夫だ。これで運が変わっていいイベントになることを期待したいね。そうなったら最高だ。きっとうまくいくはずだよ。明日からのラリーを楽しみにしている」とミケルセンは語った。

2.5秒差の2番手タイムにはシトロエンのクレイグ・ブリーン、トヨタのオット・タナックが2.8秒差の3番手で続き、選手権リーダーのティエリー・ヌービルも3.1秒差の4番手タイムで堅実なスタートを切ることになった。ところが、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェはまさかのミスで出遅れることになった。

オジエは小さなジャンプのあとリヤを大きく跳ね上げた状態でノーズから着地、ブレーキが間に合わずに左コーナーのアウト側のプラスチック製のバリアをはじき飛ばしてストップ。ダメージはなく走り切ったが、トップのミケルセンからは7.5秒遅れ、ヌービルからは4.4秒遅れの14番手タイムに沈むことになった。

「ジャンプでリヤが大きく跳ねてしまい、次のターンのためにブレーキが間に合わなかった。明日は大きな一日になるだろう。スマートに、そして速く行かなければならない」

わずか2kmのトリッキーなショートステージだったため、小回りが利くR5マシンを味方にしてERC王者のカイエタン・カイエタノビッチがヌービルと並ぶ4番手タイムにつけたほか、WRC2リーダーのシュコダのヤン・コペツキもトヨタのエサペッカ・ラッピを0.1秒上回る6番手タイムにつけることになり、8番手のマッズ・オストベルグ、9番手のヤリマティ・ラトバラを上回ることになったが、10番手のエルフィン・エバンスでさえ首位からわずか4.3秒という僅差につけている。

明日の金曜日は、三日間でもっとも荒れてタフなステージとの呼び声が高い、ラリー最長の38.10kmのチェティベッリ・ステージでスタートすることになる。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.