1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ヌービル、トルコのシェイクダウンで一番時計

ヌービル、トルコのシェイクダウンで一番時計

2018年9月13日 オジェが2番手、ラトバラが3番手タイム

世界ラリー選手権第10戦ラリー・トルコ・マルマリスのシェイクダウンが13日に行われ、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが3分24.9秒のトップタイムをマークした。

デイルメンヤヌの4.50kmのシェイクダウン・ステージは、曲がりくねったコーナーやブラインドコーナーが特徴的だが、大量の尖った石とダストに覆われた路面はこのラリーを比較的代表するコンディションだと言われている。

アスパラのサービスは青空も出ているが、気温は24度とそれほど高くなく、天気予報は昼までに雨が降る可能性もあると伝えている。1回目の走行でベストタイムを奪ったのは、8番手のポジションで走行を行ったマッズ・オストベルグ、これに1.7秒差で続くヘイデン・パッドンは11番手の走行と、いずれも後方のポジションのドライバーが上位を占めることになった。

選手権トップのヌービルは1番手で走行したために路面掃除に苦しんで4.2秒もタイムをロスして7番手タイム、タフな週末を覚悟したかのように「このようなコンディションは見たことがない」と悲鳴を上げることになった。また、選手権2位につけるセバスチャン・オジェは巻き上げられたダストで視界に苦しんでヌービルの0.1秒遅れ、さらに3番手でコースインしたオット・タナック(トヨタ・ヤリスWRC)はジャンクションでエンジンをストップさせてトップから24秒近く遅れることになり、上位陣はそれぞれが深いダストと石に悩まされることになった。

2回目の走行以降になると路面はどんどんクリーンになり、オストベルグのタイムを6.7秒上回ったヤリマティ・ラトバラが3分29秒のトップタイムを奪ったが、路面がかなり荒れ始めた3回目の走行でヌービルが3分24.9秒でタイムを更新、オジェが1.6秒差の2番手タイムでぴたりとつけ、選手権をリードする2人がシェイクダウンでも1-2を占めることになった。

「3回目の走行でかなりプッシュしてみたが、この路面でのマシンはすごくフィーリングだったよ。タフな路面のラリーになりそうだが、僕らはマシンが頑丈であることを知っているが、2回目の走行ではグリップもかなりグリップもあったのでラリー中にその恩恵を受けることを願っているよ」とヌービルは語った。しかし、彼は明日のステージでは選手権のためにも戦略が必要になると考えているようだ。

「キプロスやギリシャのラリーのようだが、初日のステージは少しだがより荒れている。このラリーは僕らは最初に走るために異なるアプローチが必要だ。いつもはそのポジションからいいステージタイムのためには少しプッシュしなければならないが、今週末は、他のイベントよりもリスクが高いことを考える必要がある」

ヌービルから2.1秒差、オジェからは0.5秒差の3番手タイムでラトバラ、さらに1.6秒差の4番手でタナックが続いている。

3回目の走行のあとほとんどのドライバーたちがサービスに戻っており、セットアップを変更したあとふたたびコースに向かう計画のドライバーもいたが、突然、前方が見えないほどの激しい雨が降り始めたためにステージは中断してしまった。アンドレアス・ミケルセンは1回目の走行で5番手タイムを出したあと不運なことに2回目の走行の際にトランスミッション・トラブルのためストップしてしまった。彼はサービスでマシンの修理を行ったあとコースに向かったが、雨に阻まれて満足な走行を行うことができず、11番手に終わっている。

■シェイクダウンタイム
1. T.ヌービル 3分24.9秒
2. S.オジェ 3分26.5秒
3. J-M.ラトバラ 3分27.0秒
4. O.タナック 3分28.6秒
5. E.エバンス 3分29.3秒
6. E.ラッピ 3分29.4秒
7. M.オストベルグ 3分30.3秒
8. C.ブリーン 3分31.6秒
9. T.スニネン 3分31.8秒
9. H.パッドン 3分31.8秒
11. A.ミケルセン 3分38.7秒
12.K.アル-カシミ 3分57.9秒


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.