1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

トヨタ新ファクトリーがエストニアで稼働

トヨタ新ファクトリーがエストニアで稼働

2018年8月28日 各ラウンド後にヤリスのリビルト作業

エストニアに建設されたトヨタGAZOOレーシング・ワールドラリーチームの新しいファクトリーが稼働を開始した。ADACラリー・ドイッチュラントを終えたあと、新しいファクトリーに運びこまれチームの3台のヤリスWRCのリビルト作業がさっそく始まっている。

トヨタは今後、フィンランドのトミ・マキネン・レーシングの施設とともにエストニアの首都タリンから8kmに位置する新しいファクトリー間でWRC事業を分担する。新ファクトリーでは、各ラウンド後にマシンのプリペアとリビルト作業を行なう。

チーム代表のトミ・マキネンは、新ファクトリーの誕生により、チームの移動スケジュールが合理化され、時間の節約となると語った。

「タリンは、ヨーロッパのすべてのラリーを考えた時、我々にとってほぼ完ぺきな場所だ。バルト海をフェリーで経由するフィンランドの代わりに、タリンは(中央ヨーロッパから)陸路で移動することができる」と彼は語った。

「我々はフィンランドの時よりも迅速に修理作業のプロセスを開始することができる。また、フィンランドでは新しいプロジェクトのためにもっと多くのスペースが必要なので、今後はタリンの敷地も使用して、必要なスペースを2倍にすることができる」

オット・タナック、ヤリマティ・ラトバラ、エサペッカ・ラッピのマシンはエストニアでメンテナンスと修理が行われるが、開発作業はネステ・ラリー・フィンランドのホストタウンであるユヴァスキュラに近いプーポラに残る。

「製品開発、テスト、本部および管理はフィンランドに残り、現時点ではエストニアはラリーカーのサービス作業に集中する。エストニアの従業員はすべて新しい。フィンランドで雇われた人々はここにとどまる」とマキネンは説明した。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.