1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1: タナックがベストタイム、ドイツをリード

SS1: タナックがベストタイム、ドイツをリード

2018年8月17日 2番手にロヴァンペラ、3番手にヴェイビーのR5マシン

2018年世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・ドイチェランドは木曜日夜に行われたスーパーSSで開幕、トヨタのオイット・タナックが2分11.2秒のベストタイムを奪ってラリーをリード、シュコダ・ファビアR5を駆るカッレ・ロヴァンペラが0.1秒差の2番手タイムで続く波乱のスタートとなっている。

ヴェンデリーノス公園に設けられた2.04kmの新しいスーパーSSザンクト・ヴェンデルは、無数のヘイベイルで仕切られたトリッキーなステージとなったため、WRカーにとっては狭く、トップ10のうち5台をR5マシンが占めることになった。

多くのドライバーがシェイクダウンではグラベルからターマックの走りにうまくスイッチできないなかで、いきなりトップタイムを奪ったタナックは、ライバルたちと同様にこのタイトなオープニングステージでアンダーステアに苦しみ、ゴール地点で不満を述べることになったが、この時点ではまだ後続のマシンを残していたため自身がトップタイムで初日を終えることに気付いていなかった。「アンダーステアがでてしまい恐ろしい思いをした。決してスーパーなスペシャルステージではなかった。このクルマにはコースが狭すぎるんだ。アンダーステアが多すぎたよ」

しかし、タナックのあとから走ったMスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェとともにヒュンダイのティエリー・ヌービルも彼のタイムを上回ることができず、タナックが初日をトップで終えることになった。

そのタナックに0.1秒差の2番手に迫ったのは、WRカーが走ったあとでコースインしたロヴァンペラだ。もちろんこれが彼にとってキャリア最上位のステージタイムとなる。さらに0.1秒差の3番手にはふだんは彼のチームメイトであるオーレ・クリスチャン・ヴェイビーがシュコダ・ファビアR5で続いている。

総合4位にはトップのタナックから0.4秒差のダニエル・ソルドが続き、さらに0.2秒差でシュコダのヤン・コペツキを挟んで、ヘイベイルに接触してドアミラーを失いながらも果敢な走りでオジェが総合6位、WRカー勢ではソルドから0.5秒差の3番手で続いている。

首位から1秒差の総合7位には同タイムでクレイグ・ブリーンとアンドレアス・ミケルセンが並んだが、ミケルセンはステージエンドで首を振って不満そうな表情だ。「スタート前で待つように言われてクルマを止めたが、タイムカードを渡されてスタートまでわずか7秒で準備しなければならなかった。ラウンチコントロールを使えなかったんだ」

また、選手権リーダーのヌービルはタイヤのオーバーヒートに苦しんでタナクからは2秒遅れの総合13位、WRカー勢では7位でのスタートとなっている。

トヨタのヤリマティ・ラトバラはラウンドアバウトのストローベイルに接触してエンジンをストールしてしまう。「なぜだかわからないが、思ったほどマシンがスライドしなかったんだ」と語った彼は総合15位で初日を終えたが、それでもトップからわずかに2.6秒遅れにしかすぎない。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.