1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ドイツのシェイクダウンでトヨタが1-2

ドイツのシェイクダウンでトヨタが1-2

2018年8月16日 タナックが一番時計、0.2秒差でラトバラ

世界ラリー選手権第9戦ラリー・ドイチェランドのシェイクダウンで、トヨタのオット・タナックが2分52.9秒の一番時計を奪い、2年連続勝利にむけて速さを印象付けた。また、チームメイトのヤリマティ・ラトバラも0.2秒差の2番手タイムで続き、トヨタ勢が1-2でスタートを切ることになった。

ラリー・ドイチェランドのシェイクダウンは、昨年の最終日に行われたザンクト・ヴェンデラー・ランドの5.52kmで行われた。青空が広がるなか、シェイクダウンは朝8時からスタート、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェが1回目の走行ではトップタイムで発進、彼は2回目の走行でも自身のタイムを2.1秒上回るベストタイムを奪い、首位を守ることになった。

だが、3回目の走行で速さを見せたのはタナック。1回目の走行でオジェから1.2秒差の2番手タイムで続いたタナックは、セットアップを変更した2回目走行では0.3秒差に迫り、さらに3回目の走行ではついに0.6秒差でオジェを抜いてシェイクダウンのトップタイムを奪うことになった。

「僕らは1回走っただけでサービスに戻って、そしてふたたびコースに行ったんだ。かなり長いことターマックで走ってなかった。僕らはラリー・フィンランドの前にテストしたので、このような郊外の道にはいくつかセットアップを変更しなければならなかったんだ」とタナックは語った。

「フィーリングはよかったし、バランスもよかった。セットアップの変更は大きすぎず、まさしくジャストだったよ。バランスは僕が望むものにかなり近かったので、ほんのちょっとファインチューンしただけだ」

タナックとともにラトバラも1回目の走行のあとでセットアップを変更、彼もまた4回目の走行でオジェを0.4秒上回って2番手タイムで続くことになった。

オジェは3回の走行で切り上げ、5回の走行を行った選手権リーダーのティエリー・ヌービルが0.1秒差の4番手タイムで続くことになった。

3カ月ぶりにWRCに帰ってきたヒュンダイのダニエル・ソルドは、1回目の走行ではヘイベイルにヒットするトラブルがあったが、4回目の走行でヌービルから0.2秒遅れの5番手タイムで続いている。ソルドから0.5秒差の6番手には、Mスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスとともに、1回目の走行でジャンクションをオーバーシュートしたシトロエンのクレイグ・ブリーンが同タイムで続いている。

■シェイクダウンタイム
1. O.タナック 2分52.9秒
2. J-M.ラトバラ 2分53.1秒
3. S.オジェ 2分53.5秒
4. T.ヌービル 2分53.6秒
5. D.ソルド 2分53.8秒
6. E.エバンス 2分54.3秒
6. C.ブリーン 2分54.3秒
8. E.ラッピ 2分54.7秒
9. M.オストベルグ 2分55.4秒
10. T.スニネン 2分55.9秒
11. A.ミケルセン 2分57.3秒


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.