1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

タナック、ドイツでも最大得点獲得を望む

タナック、ドイツでも最大得点獲得を望む

2018年8月11日 フィンランド優勝の勢いで、選手権争いに舞い戻れるか

タイトル獲得のチャンスをわずかに残すオット・タナックは、今週のラリー・ドイッチュランドでチャンピオンシップ争いに舞い戻るためにも再び最大得点を望んでいる。

タナックは先月のラリー・フィンランドで優勝し、最大の30ポイントを獲得しており、昨年、初めてターマックでの優勝を経験したラリー・ドイッチュラントでは再び自身にできる最大のパフォーマンスを発揮して初のワールドチャンピンに近づけることを期待している。

「僕たちはフィンランドで優勝したので、高い目標をもってドイツに行くつもりだ。僕はイベント一つ一つに取り組み、各ラリーから最大ポイントを獲得して、チャンピオンシップ争いに戻れるかどうかを見てみたい」とタナックは語った。

フィンランドでは選手権をリードするティエリー・ヌービルとセバスチャン・オジェの2人とも足踏みをしたため、タナックは今季2度目の勝利によってランキングの差を縮めた。彼は、ヌービルを46ポイント差、オジエを25ポイント差で追っており、残る5ラウンドでは最大150ポイントが獲得可能だ。

選手権は4つのグラベルイベントを終えてターマックに戻るが、南西ドイツの予期せぬ天候と3つの異なるタイプのステージは、タイヤチョイスとマシンのセットアップをしばしば大きな賭けにしてしまうが、タナックは週末の戦いを心待ちにしている。

「僕はたくさんの異なる道路を持つ挑戦が大好きだ。僕たちは天候に注意を払う必要がある。昨年のラリーで勝利したとき、タイヤチョイスが大きな違いを生み出した」とタナクは語った。

タナックの1年前のドイツでの勝利は、Mスポーツのフォード・フィエスタWRCによって成し遂げたものだったが、前のターマックラウンドであったコルシカを2位で終えた彼はヤリスWRCでも同じことを繰り返すことができると信じている。

「ヤリスWRCはこれまでのターマックでかなり素晴らしいパフォーマンスだったので、僕たちはトップに向かって戦うために必要なものすべてを用意しておきたい」

トヨタGAZOOレーシング・チーム代表のトミ・マキネンはチームがその勢いを引き継ぐことができると考えている。

「ヤリスWRCは全般的にこれまでターマックで良好なパフォーマンスを示してきたが、その進歩をこのラリーでも継続したいと考えている」とマキネン代表は語った。

「これまで獲得した経験を活かし、我々が改善できるいくつかの特定の分野があるが、プレイベントテストは非常にうまくいったと思っている」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.