1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS16-19:タナックがフィンランド初勝利に近づく

SS16-19:タナックがフィンランド初勝利に近づく

2018年7月29日 ラトバラも2位に肉薄、トヨタ1-2なるか

2018年世界ラリー選手権第8戦のラリー・フィンランドは、土曜日のレグ2を終えてトヨタのオット・タナックが首位をキープ、2位のマッズ・オストベルグとの差を39秒に広げて勝利に王手を掛けている。また、トヨタのヤリマティ・ラトバラがオストベルグの5.4秒後方に迫っており、トヨタはホームイベントでの1-2をかけて明日の最終日に挑む。

土曜日の朝のステージで4連続ベストタイムを奪ったタナックは、朝のループを終えてオストベルグに23.7秒差をつけたあともペースを緩めず、午後のループの最後のステージとなったSS16トゥオヒコネンでラトバラとここではベストタイムを分け合って発進、オストベルグとの差を27秒へと拡大、このまま完璧な走りでこの日の全ステージを制覇するかにも思われた。

だが、SS17カカリストではエサペッカ・ラッピがベストタイムを奪い、タナックは2.4秒差の3番手タイムにとどまることになり、「パワーステアリングに問題があるが、たぶんドライブには問題ないと思う」と不安を口にする。

タナックは続くSS18、SS19では路面がかき出された石だらけだったことから慎重な走りでペースをコントロールすることになったが、トラブルの懸念を打ち消すようにいずれもオストベルグを上回るタイムでまとめてその差を39秒へと拡大してこの日をゴールすることになった。「パワーステアリングの問題はなんとか改善できたことは確実だね。マシンはかなりドライブしやすくなった。だがラフなコンディションで、道路上が石だらけだったので、慎重に行ったんだ」

朝のループの終盤でグリップに苦しんだオストベルグは、午後のループにむけて2本のスペアタイヤを搭載して臨んだものの、1回のベストタイムと2回の2番手タイムを出したラトバラに対して4番手タイムがせいぜいで、おまけに最終ステージを走り終えた彼のタイヤはほとんど終わりかけている状態だ。

午後のループをスタートした時点で20.9秒あったラトバラとの差はわずか5.4秒に縮まってしまい、オストベルグはC3の速さを認めながらも、タイヤの摩耗が激しすぎだと問題を指摘した。「正直に言って、ラトバラがたった1本のスペアタイヤでどうやってあのタイムを出してきたのか分からない。僕は2本スペアを積んだが、最終ステージをスタートした時にはタイヤのブロックはほとんど残っていなかった。ゆっくりと走るしかなかったんだよ」

ラトバラも最後のステージではタイヤが苦しかったことを認めながらも、いまや2位が完全に視界にはいった走りができたことに満足しており、明日の最終日にはモンテカルロ以来となる表彰台を目指すことになる。

また、ラッピは、SS17から3連続でベストタイムを奪取、タナックに代わって午後のループを席巻した。とくにこの日の最後のステージでスリックのようになったタイヤでヘイデン・パッドンを抜いて4位に浮上した走りは圧巻だった。

ヒュンダイ勢が初日に相次いでトラブルに見舞われたにもかかわらず、Mスポーツ・フォード勢は選手権浮上のチャンスを活かせずに6位から8位に沈んでいる。6位にはリヤのグリップに苦しんだテーム・スニネン、7位には新しいエアロのセッティングに苦しんでペースが上がらないセバスチャン・オジェ、8位にはエルフィン・エバンスという状況だ。

選手権リーダーのティエリー・ヌービルは不利な走行ポジションで無理をしてすべてを失わないよう慎重な走りで、9位のクレイグ・ブリーンに続いてこの日を10位で終えている。

明日の最終日は4SS/45.72kmという短い一日となる。はたしてタナックが2003年のマルコ・マルティン以来エストニア人ウィナーとなって、トヨタに2年連続でホームイベントでの勝利をもたらすことになるのか。オープニングステージのSS20ラウカーは現地時間8時38分(日本時間14時38分)にスタートする。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.