1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS3-5:タナックとオストベルグが接戦

SS3-5:タナックとオストベルグが接戦

2018年7月27日 ヌービルがミスのために10位に後退

トヨタのオット・タナックが、ラリー・フィンランドの金曜日の朝のループをトップでフィニッシュしたものの、シトロエンのマッズ・オストベルグが1.1秒という僅差で続く接戦となっている。

SS2でこの日初のトップタイムを奪ったタナックは、SS3ウッリア(12.28km)では3番手タイムにとどまったが、2位につけるシトロエンのマッズ・オストベルグに対するリードを4.3秒へと広げることになった。SS4アッサマキ(12.33km)では後方のポジションを味方にベストタイムを奪ったオストベルグが0.5秒差で逆転して首位に浮上したものの、タナックはSS5アーネコスキ(7.71km)でこの日2つめのベストタイムを叩き出して、1.1秒差ながら首位を取りかえしてサービスパークへと帰ってきた。

「僕たちはすべてのステージでマックスで行っているし、今朝は明らかに、みんながまだ寝ていたよね!」とタナックは語った。また、彼は、勝負は明日になるため、できるだけいいポジションを手に入れることに集中していると付け加えている。

フロントアクスルのジオメトリーを一新、見違える速さを備えたシトロエンC3 WRCとともにフィンランドを一時リードしたオストベルグは、SS5アーネコスキでは「ハードに攻めすぎたためいくつかミスをした」と告白したが、まだまだ十分にトップを狙えるポジションにつけて午後のループへ向かうことになった。

オストベルグの9.7秒後方にはトヨタのヤリマティ・ラトバラが迫ってきた。ラトバラはSS3ウッリアでベストタイムを奪ってテーム・スニネンを抜いて3位に浮上してきた。今季は不振が続いた彼だが、チームメイトのタナックをつかまえるべく午後も攻めるつもりだと語っていた。

スニネンはSS5のゴール前の最後の高速左コーナーでオフ、ヒヤリとさせたがどうにかコースに戻っているが、4位をヘイデン・パッドンに譲って朝のループを5位で終えることになった。それでもまだ二人の差は1.6秒にすぎない。

パッドンもSS5ではタナックからわずか0.9秒差の2番手タイムを奪って、ヒュンダイ勢では最上位の4位につけているが、チームにとっては8位につけていたアンドレアス・ミケルセンと9位につけていたティエリー・ヌービルが相次いでトラブルに見舞われたことは誤算だったかもしれない。

ミケルセンはSS4でペースノートの聞き間違いでスライドしてオフ、マシンはディッチのなかで横倒しになって止まったため観客の助けを借りてどうにかコースに戻るも3分遅れとなり、朝のループを30位で終えることになっている。

また、ドライ路面の表面にはたくさんのルースグラベルが覆っているため、先頭でスタートしたグループにとっては最悪の朝となった。選手権リーダーのヌービルは昨日、雨が降ったことでステージが湿っていることを期待したが、晴れ渡って気温が30度近くに上昇したステージでは路面掃除のためにじわじわとタイムを落とし、SS5ではペースノートのミスからターンできずにほかの道路に逃げるようにオフし、ターンして戻っために29.7秒をロス、10位に後退することになった。

「オフしてしまった。僕がミスをした。ペースノートがあまりに楽観的すぎた。変えることも考えたが、その次が聞こえてなかった」とヌービルは説明した。彼は首位のタナックからは67.5秒もの遅れとなっている。

セバスチャン・オジェも朝のループはペースが上がらず苦しむことになり、6位につけるチームメイトのエルフィン・エバンスから2.1秒差の7位で朝のループを終えることになった。それでも彼は、「もっとプッシュできる箇所がいくつかあって、もう少しタイムを縮められたかもしれないが、いまのところは満足かな。戦っている相手がティエリーなので焦点をそこに合わせているからね」と、あくまで狙いは順位ではなく選手権であることを強調している。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.