1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

オストベルグがフィンランドのシェイクダウン最速

オストベルグがフィンランドのシェイクダウン最速

2018年7月26日 シトロエンが1-2、トヨタが3-4番手で発進

2018年世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・フィンランドのシェイクダウンが26日木曜日に行われ、マッズ・オストベルグが1分54.8秒の最速タイム、チームメイトのクレイグ・ブリーンが0.6秒差の2番手で続き、シトロエン・レーシングが1-2を占めることになった。また、ホームイベントに期待がかかるトヨタはヤリマティ・ラトバラとオット・タナックの2台のヤリスWRCが3-4番手で続いている。

新たにヴェルサの4.26kmの高速ステージへと舞台して行われたシェイクダウンは木曜日の朝から行われ、1回目の走行では一番手でスタートした選手権リーダーのティエリー・ヌービルはやわらかな土埃がつもった路面に苦しみ3.8秒もタイムをロス、10番手で走行したオストベルグがただ一人2分を切る1分59秒のトップタイムを奪って始まることになった。

1回目の走行で狭くトリッキーなジャンクションでスピンを喫してタイムを落としたタナックは、ギヤボックスを交換したあと2回目の走行ではオストベルグのタイムを3秒以上縮めるベストタイムを刻み、0.2秒差の2番手タイムでラトバラとともにオストベルグとブリーンのシトロエン勢の2台が続くことになった。

今回から新しいフロントのサスペンション・ジオメトリーを投入したシトロエン勢は3回目の走行でふたたびタイムを伸ばし、タナックのタイムを1.2秒上回ったオストベルグが最速タイム、ブリーンが0.4秒差の2番手、ラトバラが1.1秒差の3番手で続き、タイムを伸ばせなかったタナックは1.2秒差の4番手でシェイクダウンを終えることになった。

「チームとともに猛作業を行ったことで、マシンはいまではずっと僕らに合うようになった。デファレンシャルの方向性についても僕が親しんだものに向かって少し変更したんだあとはチューニングに関係する。クルマの反応と安定性についてはもっと改善すべきところがある。リヤから曲げるのではなく、フロントからドライブするよう走りの哲学を変えたんだ」とオストベルグは語っている。

「車のチューニングに関係する。パーツは既にそこにあったので、車からの安定性と反応を改善するためにパーツがどのように使用されているかともっと関係しています。私は哲学を、後部からの車の運転から正面からの運転に変えました。

首位から1.8秒差の5番手にはフォード勢の最速となったテーム・スニネンが勇躍、タイムが伸びなかった選手権リーダーのヌービルはラリー・エストニアでいいセッティングを見つけたチームメイトのヘイデン・パッドンのセットアップを参考にして3回目の走行でやっとタイムを伸ばして、5番手で並ぶことになった。

6番手、7番手にはヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンとパッドンが続き、新しい空力ボディを採用したフィエスタWRCを駆ったセバスチャン・オジェは2.4秒差の9番手にとどまり、昨年ここでキャリア初優勝を飾ったトヨタのエサペッカ・ラッピも4回の走行を試みたが10番手という控えめなタイムに終わっている。

ラリー・フィンランドは、木曜日の夜、ユヴァスキュラの街の中心部で行われるハルユ・ストリートステージからスタートし、合計23SS、317.26kmを走行して日曜日の午後に再びユヴァスキュラでフィニッシュする。

■シェイクダウン・タイム
1. M.オストベルグ 1分54.8秒
2. C.ブリーン 1分55.4秒
3. J-M.ラトバラ 1分55.9秒
4. O.タナック 1分56.0秒
5. T.スニネン 1分56.6秒
5. T.ヌービル 1分56.6秒
7. A.ミケルセン 1分56.7秒
8. H.パッドン 1分56.8秒
9. S.オジェ 1分57.2秒
10. E.ラッピ 1分57.3秒
11. E.エバンス 1分57.8秒


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.