1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ブリーン、フィンランドの表彰台争いに手応え

ブリーン、フィンランドの表彰台争いに手応え

2018年7月19日 エストニア戦で高速バトルに自信をつかんだ

シトロエンのクレイグ・ブリーンは、先週のラリー・エストニアを3位で終えたことで、7月26日から29日にかけて開催されるラリー・フィンランドには「非常に自信がある」と感じている。

トヨタのオット・タナック、ヒュンダイのヘイデン・パッドン同様、ブリーンはエストニアの高速グラベルステージをWRC第8戦のラリー・フィンランドに向けたテストとして使用した。

2016年のフィンランドでキャリア初のポディウムを獲得したブリーンは、エストニアの高速バトルでC3 WRCのバランスとハンドリングを完璧に操り、3回の最速ステージタイムを記録、ふたたびフィンランドでポディウム争いをすることへの自信が得られたようだ。

「良い週末だった。非常に自信を得られただけでなく、十分な良いデータも獲得できた」とブリーンは語った。

「金曜日のシェイクダウンを良いセットアップでスタートし、少しずつベーシックな設定に取り組み、ラリーが進むにつれて徐々にペースを上げた」

「達成した仕事には非常に満足している。フィンランド前のテストを開始するときにこの成果をさらに良くするのが待ちきれない」

タナックが圧倒的なペースでラリーを終始リード、ブリーンはエストニアの最終日を2位でスタートするはずだったが、サービスの作業が遅れ、朝のタイムコントロールに遅着したため、2分10秒のペナルティが科され、パッドンに抜かれて3位に下がった。

「不運なことに、サービスで問題が見つかったんだ。チームはそれを修正したと思ったが、サービスアウトまで2〜3分のところでまだ問題があることに気づいたので、ターボの部品をいくつか交換しなければならなかった」とブリーンはWRC All Liveのベックス・ウィリアムスに語った。

「それについてのストレスはなかった。僕たちにとって今回はテストのためにマシンを正常に稼働させることがより重要だった」

ブリーンは巻き返しを図ったが、日曜日の最初のステージで6速全開で目が覚めるような高速スピンを喫してコースオフ、ふたたびびタイムを失った。

「それは完全にフラットなコーナーだったが、僕はそれが実際よりもタイトだと思っていた」と彼は説明した。

「僕は少し恐怖を感じた。僕は必要以上にマシンをターンさせてしまい、スピンした。正直に言って非常に素人ミスだったが、なんとか切り抜けた」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.