1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ブリーン、エストニアにC3 WRCで参戦へ

ブリーン、エストニアにC3 WRCで参戦へ

2018年7月11日 フィンランドに向けて高速戦の準備

シトロエン・トタル・アブダビWRTはWRCカレンダーの夏休みを利用してクレイグ・ブリーンとスコット・マーティンをラリー・エストニアにC3 WRCで参戦させる。

ラリー・エストニアはWRCイベントではないが、かつて『1000湖ラリー』とも称されたラリー・フィンランドの高速ステージと同様の特性を持つため、チームはラリーに向けた準備に活用するつもりだ。

前ラウンドのラリー・イタリア・サルディニアの道の平均時速が約115km/hだったのに対し、7月26日から29日にかけて開催されるラリー・フィンランドのステージは約130km/hに達する。また、ドライバーは連続するコーナーで絶え間なく続くクレストと大きなジャンプに対処しなければならないため、シトロエンはラリー・エストニアにブリーンを参戦させて、7月下旬にユヴァスキュラを中心に行われる本番に向けてマシンの微調整を目指す。

ブリーンは、フィンランドに非常に似たエストニアの道路を走ることで、高速のグラベルで求められる正確なドライビングに慣れることを期待している。

「僕がここに参戦するのは、2011年と2015年に続いて3回目となる。その時とステージはかなり変わってはいるが、ラリー・フィンランドに向けた素晴らしい準備となりそうだ」とブリーンは語った。

「エストニアのステージは非常に高速で、実際、フィンランドより速い場所もある。僕が再びハイスピードでドライブすることに慣れて7月の終わりのユヴァスキュラでスタートの瞬間からペースに乗るためにも、このイベントが役に立つだろう」

ラリー・エストニアにはトヨタのオット・タナックとともにヒュンダイのヘイデン・パッドンもフィンランドの準備として出場する。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.