1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

オジェ、「僕の仕事に不満はない」

オジェ、「僕の仕事に不満はない」

2018年6月13日 接戦に敗れるも結果には満足

Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジェは、先週末のラリー・イタリア・サルディニアの勝利を0.7秒という僅差でティエリー・ヌービルに奪われたが、この敗北に動揺する必要はないと語った。

金曜日の午後からラリーをリードしてきたオジェは、最終日、3.9秒後方でスタートしたヌービルに激しくプッシュされ、最終ステージでわずか0.7秒という史上3番目の僅差で逆転を許すことになった。

選手権のライバルとの直接対決での苦い敗北となったかにも見えるが、オジエはあまりにも荒れて無数の石が転がるコースでヌービルほどリスクを冒すことはできなかったと語り、努めて冷静に状況を受けとめている。

「最終ステージで負けることは決して最善ではないが、僕の今週末の仕事に不満はない」とオジェは語った。

「週末の間、僕らはティエリーの後ろから彼のラインをずっと見てきたが、彼はときにオフして、つねに限界以上にプッシュしてきた。彼は信じられないほどのタイムを出し、最後は僕たちは同等の走りができなかった。僕らもかなり努力したが、彼ほどのリスクを冒す準備はできていなかった」

シーズンはまだ6戦残っており、ターマックのドイツ以外の5戦はすべて初日のグラベルステージが一番手でコースを走ることになるヌービルにとって不利なコンディションになる。27ポイントのリードを許したとはいえ、オジェは優勝とリタイアで簡単にひっくり変える差であることを知っている。

「ティエリーはジョーカー1枚分、僕たちより前にいるが、まだシーズンの半分が終わり、6つのラリーが残っている」とオジエは語った。

「僕はこのあとも道路を切り開かなくて良いし、これまで僕の人生を困難にしていた重荷がないので気分も楽だ。シーズン後半は素晴らしい挑戦が待っているし、このあとの休暇をすごして僕らはシーズン後半にさらに強くなって戻って来るつもりだ」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY9】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.