1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS17-20: ヌービル、0.7秒差で逆転勝利

SS17-20: ヌービル、0.7秒差で逆転勝利

2018年6月11日 選手権のリードを27ポイントに広げる

2018年世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリー・イタリア・サルディニアは、最終ステージまでスリリングなバトルとなり、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが0.7秒差でセバスチャン・オジェを逆転して今季3勝目を飾ることになった。

雨のなかで始まったラリー・イタリア・サルディニアのラリー・ウィークだが、最終日は三日間でもっとも暑い一日となり、気温が30度に迫るなかで二人の対決も熱を帯びることになった。

金曜日の午後からラリーリーダーに立ったオジェは、土曜日もヌービルとの激しいバトルを制して首位を守ったが、その差はわずかに3.9秒にすぎない。今季もっとも僅差の優勝争いとなった最終日は、ヌービルがオープニングステージのSS17カーラ・フルミーニ(14.06km)でオジェを0.8秒上回るベストタイムでその差3.1秒まで迫って始まることになった。

さらにヌービルは続くSS18サッサリ〜アルジェンティエラ(6.96km)での連続してベストタイム、ついにオジェとの差を1.3秒へと縮めることになった。

続くカーラ・フルミーニの2回目の走行となるSS19でも拮抗したバトルが続くことになる。終盤のコーナーでワイドになったヌービルが石の壁にぎりぎりに迫ってひやりとさせたが、彼はここでもベストタイム。渾身のアタックを仕掛けたオジェはヌービルからわずか0.5秒遅れの2番手タイムに終わったが、ぎりぎり0.8秒差をつけて首位をキープすることになった。

オジェはステージエンドでラリーをリードしていることを知って瞬笑顔をみせたかようにも見えたが、なにもコメントを残さず、なにかに急かされるようにタイムコントロールでチェックしたタイムカードを受け取らずに走り去ってしまう。

幸いにも後続のオット・タナックがカードを受け取り、次のリグループの前でジュリアン・イングラシアに渡したために事無きを得ているが、オジェはここでも差を縮められたことに心中穏やかではいられなかったのかもしれない。彼がこのまま逃げ切ってパワーステージを制することができれば、選手権でのヌービルのリードは現在の19ポイントから11ポイントに減るが、逆転劇が起きればヌービルのリードは27ポイントに広がることになる。

選手権の行方を左右する重大局面となったパワーステージで、先に走行したヌービルはイン側のバンクに乗り上げて片輪走行になりながらもそれまで走ったタナックの暫定トップタイムを4秒も上回ってみせる。

しかし、ステージは朝の走行とは様相が違い、荒れて無数の石が転がっており、限界の走りで挑むにはすでにあまりにもリスキーになっている。オジェは最初のスプリットではヌービルを0.7秒上回り、この時点でバーチャル的には1.5秒のリードをしたが、終盤の荒れたセクションではタイムをロス、ゴールを駆け抜けたときには1.5秒という致命的な遅れを喫し、0.7秒差で勝利を奪われることになった。

オジェは勝者のヌービルを祝福したあと、最終ステージでいくつかミスがあったことを認めた。「最後まですべてを尽くしたが、最終ステージは非常にラフで、2つミスを犯してしまい、それがコンマ数秒を失うことに繋がってしまった。今日のバトルには負けたが、戦いにはまだ負けていない。まだあと6戦ある、焦るような段階ではない」

初日のロードオープナーというハンデを雨に助けられたヌービルは、残りの2日間をかけてじわじわとチャンピオンにプレッシャーをかけ続けてきた。そして、昨年のラリー・アルゼンチンにおける最終ステージでの0.7秒差の逆転勝利に続いて、ふたたび歴史に残る0.7秒という僅差の勝利をもぎとることになり、選手権でも27ポイントという大きなリードでシーズンを折り返すこととなった。

ヌービルは勝利が決まった瞬間、クルマに駆け上がって両手を突き上げた。「どうしてもトライする必要があった。そして僕らはすべてを出し尽くしたんだ。最後は本当に僅差だったが、素晴らしい勝利になった。チームにありがとうと言いたい」

トヨタのエサペッカ・ラッピは、激しく3位争いを演じていたチームメイトのヤリマティ・ラトバラがオルタネーターのトラブルで土曜日の最終サービス前にストップ、さらに首位争いからは50秒以上も引き離されているため退屈な最終日になったが、それでも彼は初優勝を飾った昨年のラリー・フィンランド以来、11カ月ぶり3度目の表彰台に立つことになり、選手権でも今回欠場しているダニエル・ソルドを抜いて4位へと浮上することになった。

また、わずか2.1秒差で最終日を迎えたヒュンダイのヘイデン・パッドンとシトロエンのマッズ・オストベルグによる激しい4位争いは、最終日にペースを上げたパッドンが15秒差にリードを広げてがっちりと4位をキープ、貴重なポイントを獲得することになった。ヒュンダイはこの結果マニュファクチャラー選手権におけるMスポーツ・フォードへのリードを28ポイント差へと広げ、初のチームタイトルにむけて大きなステップを踏み出すことになった。

WRC次戦は1カ月半のインターバルをおいて7月26〜29日に開催されるラリー・フィンランドとなる。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.