1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS10-12: ヌービルが4.9秒差に迫る

SS10-12: ヌービルが4.9秒差に迫る

2018年6月9日 首位争い混沌、オジェがモンテレルノで失速

ラリー・イタリア・サルディニアは土曜日の朝のループを終えて、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが首位でこの日を迎えたセバスチャン・オジェとのギャップを4.9秒まで縮めている。

雨によってトリッキーなコンディションとなった金曜日とはうって変わって、アルゲーロは晴れた青い空と暖かい日差しの朝を迎え、路面には湿ったところや水たまりが残るものの、急速に乾くことになった。

初日を終えて18.9秒のリードを奪ったオジェだが、土曜日はヌービルの反撃ではじまることになった。ヌービルはSS10コイルーナ〜ロエレ(14.95km)でオジェを1.2秒上回って17.7秒差に縮め、SS11モンチ・ディ・アラ(28.52km)ではふたたび二人の差は19.5秒へと広がったが、SS12モンテ・レルノ(29.11km)でベストタイムを奪ったヌービルがオジェを14.6秒引き離して、二人の差を一気に4.9秒へと縮めることになった。

素晴らしいタイムでステージをフィニッシュしたヌービルだが、とくにここでギリギリの走りで攻めたわけではないと強調した。「いいステージだったが、前のステージほどではなかった。ここはかなりラフだった。僕たちはチームとチャンピオンシップのために良い結果を持ち帰りたいので、この走りを継続するつもりだ」

いっぽうオジェは、岩が転がっていたこのステージでマシンかドライバーに何かのトラブルがあったのかと質問されたが、落ち着いた声でリズムが悪かっただけだと答えている。「たぶんリズムを間違えた。・・・ステージの終盤、かなりオーバーステアした。午後はもっとプッシュしなければならない」。いまのところその表情から真意を読み解くことはできないが、彼は午後のループでもさらにプッシュすることになると語っている。

3位はヤリマティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピのトヨタGAZOOレーシングのチームメイト同士の戦いになっている。ラトバラは4.4秒をリードして土曜日をスタートしたが、ラッピがSS10で一気にラトバラの0.9秒後方に迫ったが、SS11、12ではラトバラが連続してチームメイトを上回り、7秒差へとリードを広げている。

ヒュンダイのヘイデン・パッドンは、ドライになる始めたこの日のステージで勢いを取り戻し、グリップが掴めないと悩ましい表情を浮かべるマッズ・オストベルグをSS12で抜いて5位へと浮上している。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.