1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

エバンス、表彰台獲得で重圧から解消された

エバンス、表彰台獲得で重圧から解消された

2018年5月24日 昨年のGB以来、7戦ぶりポディウム

Mスポーツ・ワールドラリーチームのエルフィン・エバンスは、ラリー・デ・ポルトガルで今季初の表彰台を獲得したことで、プレッシャーが少し解消されたと語った。

エバンスは、昨年のラリーGBで初勝利を飾り、Mスポーツのオフィシャルチームに復帰したが、これまでのシーズンは精彩を欠いてきた。

昨年優勝を争ったラリー・アルゼンチンではポディウム争いに加わることなく失意のまま6位でラリーを終えたエバンスは、ポルトガルではステージ勝利を2つ獲得し、トップのティエリー・ヌービルから40秒遅れで2位を飾った。

とはいえ、ペースが好転したにもかかわらず、エバンスはそのスピードがどこから来たのか分からないと正直に認めた。

「全く正直に言えば、僕たちがマシンに加えた変更はそんなになく、ちょっとした微調整しかしていない」とエバンスは語った。

「アルゼンチンではドライビングの点であまり強くなかったエリアがいくつかあったと思う。ここではなんとかそれが上手くいったので、今後もこういうふうに続けていきたい」

エバンスは、この結果が今後のラリーを構築するための土台となることを期待しているが、トラブルを避けるようペースをコントロールしたため、まだ改善の余地は残っていると語った。

「自分のドライビングすべてに完全に満足しているわけではないが、これは大きな前進だ。結果を得られそうだと感じる時は、ほんのちょっとのバランスなんだ。僕たちは今季のぎこちないスタートの後、本当に結果が必要だったので、そういう時は慎重になるものだ」とエバンスは付け加えた。

彼だけでなく、さらにテーム・スニネンが3位に入り、Mスポーツ・フォードはダブルポディウムを獲得した。セバスチャン・オジェが金曜日にリタイアしたにもかかわらず、チームはマニュファクチャラーズ選手権をリードするヒュンダイ・モータースポーツとの差を2ポイント縮め、13ポイント差の2位で終えることができた。

「セブのことは非常に残念だ。それがなければ、3台ともかなり高い順位だったと思う。しかし、僕とテームは、今年の序盤であまり役に立てなかったので、ようやくマニュファクチャラーポイントに貢献できてうれしいよ!」と彼は語った。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.