1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

スニネン、僕のキャリアにとって大きな一歩

スニネン、僕のキャリアにとって大きな一歩

2018年5月23日 WRカー6戦目にして初ポディウム達成

Mスポーツ・フォードのテーム・スニネンは、先週末のラリー・デ・ポルトガルで過去最高のリザルトとなる3位でフィニッシュすることになった。彼は初のポディウムが今後のキャリアにおいて「大きな一歩」になることを期待している。

フィンランド出身のスニネンは最終日、背後から追っていたエサペッカ・ラッピとダニエル・ソルドらを振り切る力強い走りで、チームメイトのエルフィン・エバンスに迫る3位を獲得した。

WRカードライブの経験で優るラッピとソルドのタイムは、ときにスニネンのそれを上回ることもあったが、彼は大きなトラブルを徹底的に回避するとともに、プレッシャーに耐えながらアドバンテージをマネージングできる精神力を強さをみせて、最終的にソルドに13.6秒差をつけてフィニッシュしている。

「初めてのポディアムをゲットできたのは最高だよ」とスニネンは語った。彼にとってはこれがWRカーでの6戦目のラリーだった。

「いちばん最初のはいつだって特別なものだし、僕のキャリアにおいて大きな一歩になると思う」

「金曜日の朝は、まだこのクルマでこういうステージを走るのに慣れていなくて、その限界を見つけていくために少し苦戦していたけれど、その後はプッシュすることもできて、それでかなりの好タイムをマークすることができた」

スニネンが調子を上げたのはMスポーツ・フォードにとってはこれ以上ないタイミングだった。セバスチャン・オジェは金曜日にステアリング・アームを壊してリタイアしたためポイント獲得に至らず、スニネンが3位、エバンスが2位になっため、チームはマニュファクチュアラー選手権でヒュンダイと13ポイント差にまで縮めることに成功している。

「今年はもっとラリーを走れるようになると期待しているけど、今の時点ではまだフルシーズンを戦うことができない、そして来年それを手に入れるためにこういういい結果を積み重ねていくことが必要だ。きっとこのポディアムはそれを実現するために重要な役割を果たしてくれるはずだ」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

FIA WEC 2018 第5戦 エンディング

FIA 世界耐久選手権(WEC)2018 第5戦 上海国際サーキット6時間レースのエンディング動画です。

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.