1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ヌービル、クレバーに行けたことが勝因

ヌービル、クレバーに行けたことが勝因

2018年5月23日 「オジェのクラッシュに少し気が散った」

ラリー・デ・ポルトガルで今季2勝目を飾ったティエリー・ヌービルは、多くのライバルたちがトラブルに遭遇するなどこれまでに経験したことがないくらい困難なラリーを制することができたのはクレバーなアプローチができたおかげだと語った。

ヌービルは金曜日のオープニングステージでペースを上げることができずに9番手タイムに沈み、朝のループを終えて5位とで遅れることになった。しかし、セバスチャン・オジェがSS5でクラッシュしたのをはじめ、その時点で彼の前を走っていたすべてのドライバーがその日の午後に大きな問題を抱えることになったためヌービルは首位に躍りだすことになった。

ヌービルはオジェがストップしたのを見たとき少し気が散ったが、そのあとはクレバーに行けたのがよかったと語った。

「本当になんて週末だっただろうね! 僕らはプッシュできるときには全開で攻め、そして必要な時はペースをコントロールできた。タフなラリーだったが、クレバーなアプローチで勝つことができた。トップを競っている時は常にフィーリングがいいものだが、この週末の勝利は格別だよ」とヌービルは語った。

「ラフなコンディションで多くのマシンが脱落し、セブ(・オジェ)もミスをした。それが僕たちにとって重要な転換点だった。彼のマシンが止まっているのを見たあと、いくつかのコーナーでは少し気が散った。しかし、彼がいなくなったことで、僕たちはここで良い結果を出す必要があると思った。そしてリズムを取り戻し、再びプッシュし始め、そのことが僕をさらに奮い立たせた」

「朝のステージでタイムを失ったが、今週末に勝利を収めることが可能だと分かって、その時にいい決断ができた。クレバーにいかなければならなかったし、そのためにこれまでに多くのことを学んできた。かつては同じチームにいたセバスチャン・ローブもそういう男だった。彼は選手権のポイントのためのアプローチができた。そして僕たちは今週末にそれをやることができた」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.