1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS16-20: ヌービル、ポルトガルで優勝

SS16-20: ヌービル、ポルトガルで優勝

2018年5月21日 今季2勝目で選手権首位を奪還

2018年世界ラリー選手権(WRC)の第6戦ラリー・デ・ポルトガルは20日に最終日を迎え、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが前日からのリードを守り抜いて、第2戦スウェーデンに次ぐ今季2勝目を飾った。2位にはMスポーツ・フォードのエルフィン・エバンスが続いた。またチームメイトのテーム・スニネンが3位を獲得、WRカーでの参戦6戦目にして、見事、初めての表彰台を獲得した。

ポルトガルの最終日は5つのSSで争われるが、いずれもショートステージで合計は51.53kmと、わずかな距離しか残されていない。モンティム(8.64km)、ファフェ(11.18km)、ルイアス(11.89km)と3つのステージを走った後、モンティムとファフェをリピートする。ファフェは大きなジャンプがあり、10万人を超す観客が集まるというラリー・デ・ポルトガルの中で最も有名なステージだ。ファフェの2走目が最終のパワーステージとなる。

ヌービルは39.8秒のリードを築いて、この最終日を迎えた。残された距離からすれば、大差とも言える十分なマージンだ。天候は晴れだが、にわか雨の予報も。全ドライバーがソフトタイヤ5本を選択するなか、ヌービルのみがさらに手堅くソフト6本を搭載して出発した。

この日最初のステージのSS16モンティムではエバンスがヌービルをわずか0.8秒上回るも、ヌービルはすでにパワーステージに照準を合わせている。残されたステージはいずれも短距離なことから、エバンスもSS17ファフェ以降は安全なドライビングに徹することになった。

ヌービルは最終パワーステージで2番手タイムを叩き出し、2位のエバンスに40秒もの差つけて今季2勝目を獲得した。ポルトガルで過去5回優勝しているセバスチャン・オジェですらデイリタイアするなど、初日からコースの餌食となってリタイアするドライバーが続出したなかで、ほとんどミスを犯すことなくスマートな走りができたことがヌービルの優勝に繋がった。

ステージを走り終えたヌービルは、TVカメラの前で「僕らはスマートなアプローチができた。車は素晴らしくて、快適だった。チームが僕らをプッシュしてくれた。チームメイトもとても強かったが、不運があった。ヒュンダイにとって完璧な週末とはならなかったが、それでも僕らは今週末の成果を誇りに思うことができるだろう。パワーステージのチャンスはあるかもしれないと思ったが、タイヤの状態が悪かった。それでも2本のスペアがあったので、ミスをせず、トライしてみようと思った。それがよかった」と語った。

2位のエバンスにとっては、今シーズン初めての表彰台となる。今季はなかなか運に恵まれないでいたが、終始堅実な走りを披露して、2位をもぎ取った。エバンスは「ありがとう。ようやくだよ。今季は良いスタートではなかったが、これが今後良いことがもっと起こる兆しであることを願う!」と喜びの声をあらわにした。

トップの2人がマージンを築いてきたなか、ポディウムの残された3位の座を巡っては、スニネン、エサペッカ・ラッピ、ダニ・ソルドの3人が激しい争いを続けていた。迫り来る若手スニネンに対して、ベテランのソルドが4.7秒差をつけて2日目を終えていたが、その後、初日のSS8ポルト・スーパーSSでソルドがシケインに接触していたことが判明。10秒のタイムペナルティを科され、3位スニネン、5.3秒差の4位にソルド、さらに5.8秒差でラッピが続くかたちで最終日をスタート。

オット・タナック、ヤリマティ・ラトバラの2人が初日にリタイアとなっていたため、トヨタで唯一生き残っているラッピは、最終日も激しくプッシュ。最初のSS16ではトップタイムを奪った。さらに、スニネンもその0.6秒差で2番手タイムを叩き出す。いっぽうのソルドはスリッパリーなステージに手を焼き、ラッピより6.2秒遅いタイムにとどまる。その結果、ラッピの後方5番手に順位を落としてしまった。しかし、次のステージではラッピを上回って再び4位に。しかし、差はわずか0.7秒。続くSS18、19ではラッピがソルドを上回り、4位の座を奪い返した。

さらに、3位につけるスニネンはSS19でベストタイムを出すなど、わずか6戦目とは思えない渾身の走りで最後まで3位を守り切った。スニネンは「ありがとう!最高の気分だ。僕のWRC初表彰台だ。1年かかったが、本当にハッピーだよ!」と歓喜のコメント。

ラッピがパワーステージでトップタイムを叩き出して4位を獲得。表彰台は逃したものの、「正直に言って、素晴らしい2日間だった。こんなに激しくプッシュしたのは初めてだ!限界ギリギリで1日半の間ドライブしたことで、多くのことを学べたよ!」と激しく争うことができ、悔いはない様子だ。

ソルドはSS19で飛び石によりフロントガラスを破損。金曜の午前中は首位につけていたが、表彰台を逃してのフィニッシュとなった。「フロントガラスが完全に壊れていたのでいくつかのコーナーでは見づらかった。表彰台でフィニッシュできなくて残念だが、皆のためにやり切った」と語った。

6位にはマッズ・オストベルグ、7位にはクレイグ・ブリーンが入り、2台のシトロエンC3 WRCが続くことになった。8位以下はWRC2勢となり、このラリーがいかにサバイバル戦であったことを物語っている。

優勝したヌービルは、パワーステージで4ポイントを獲得したことで、選手権に合計29ポイントを計上。選手権リーダーだったオジェはパワーステージでのポイント獲得を狙うも、走行順の早さから8番手タイムに終わり、痛恨のノーポイントとなってしまった。その結果、選手権ではオジェに19ポイント差をつけて、ヌービルが首位に立つことになった。

WRCの次戦は、6月7日〜10日に開催されるラリー・イタリア・サルディニア。地中海に浮かぶサルディニア島での開催となる。サルディニアでは大量のルーズグラベルが予想されるため、次戦で先頭出走となるヌービルと、選手権2位のオジェの争いにも注目したい。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

FIM スーパーバイク世界選手権2018 第9戦 ミサノ

FIM スーパーバイク世界選手権2018 第9戦 ミサノ

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.