1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:タナックがトップタイムで好発進

SS1:タナックがトップタイムで好発進

2018年5月18日 0.4秒差の2番手にオジェとスニネンが続く

FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・デ・ポルトガルが17日木曜日に開幕、初日のスーパーSSでトップタイムを奪ったトヨタのオット・タナックがラリーをリードすることになったが、セバスチャン・オジェとテーム・スニネンの2台のフォード・フィエスタWRCが0.4秒差の2番手タイムで続いている。

ラリー・デ・ポルトガルは昨年と同様にポルトガル王国発祥の地、ギマランイシュでセレモニアルスタートが行われたあと、ロウサダ・ラリークロスサーキットでのスーパーSSで始まることになった。

3万5000人を超える熱狂的なファンが詰めかけたステージは巻き上げられるダストを抑えるためにところどころに水が撒かれたもののほぼドライ、スタート序盤のドライバーたちがルースグラベルにやや手こずるなか、前戦アルゼンチンで今季初優勝を飾ったタナックが2分34.3秒のトップタイムをマークすることになった。

タナックは前戦アルゼンチンに続いて2連勝が期待されるが、彼はステージには昨年より多くのグラベルが覆っているため、かなり苦戦を強いられることになると予想している。

「いいフィーリングだよ。ここではクリーンに行くことが重要だ。明日はルースグラベルの路面なのでラリーを支配するのはタフになるだろう。アルゼンチンよりさらに多くの掃除になる。しかし、土曜日にいいポジションを得るためにも明日の金曜日が鍵になるはずだ」とタナックは語った。

0.4秒差の2番手に続いたオジェとスニネンの1秒後方には、シトロエンのクリス・ミークとヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンが4位で並び、さらに0.1秒差でティエリー・ヌービルが続いており、ショートステージのためトップタイムのタナックから10番手タイムのエサペッカ・ラッピまでがわずか1.8秒差にひしめく大混戦となっている。

また、シェイクダウンでトップタイムを奪ったトヨタのヤリマティ・ラトバラにとっては問題のあるスタートになってしまった。彼は終盤のヘアピンでエンジンを止めてしまい、ハーフスピンを喫したため、首位からは3.9秒差の13番手と出遅れ、ステージエンドで苦悩の表情を浮かべることになった。「何が起きたのかわからない。最後のヘアピンでエンジンが完全に止まってしまった。とても変な感じだったので調べなければならない」

ラリー・デ・ポルトガルはこのあとマトジニョスでのナイトホルトとなり、金曜日の朝9時15分(日本時間17時15分)からスタートするSS2ビアナ・ド・カシュテロのステージでDAY1は再開する。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.