1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ファフェ・ジャンプで跳躍対決

ファフェ・ジャンプで跳躍対決

2018年5月12日 最長ジャンパーはオストベルグかラップか?

5月17日から20日にかけて開催されるボーダフォン・ラリー・デ・ポルトガルは、多くの人にとって、最終レグの胃が痛くなるほど大きなファフェ・ジャンプの跳躍がハイライトとなるだろう。それはWRCを象徴する場所のひとつとなっている。

道端を埋め尽くす大勢の観客が見守る中、11.18kmのスペシャルステージの2回の走行を通じて、チャンピオンシップのハイ・ジャンパーたちが空を飛び回る。今年の観客は、WRCの大ジャンプ記録を持つ2人のドライバーに注目すべきだ。

一人はトヨタGAZOOレーシングのエサペッカ・ラッピだ。昨年WRC TVで放映されたファフェでのラッピの跳躍は、FIAの授賞式でモータースポーツシーズンのベストアクション・モーメントに選ばれた。

トヨタ・ヤリスで時速120kmから33mの大ジャンプを達成し、地上に着陸した時のラッピの表情とコドライバーのヤンネ・フェルムの笑い声は、すべてを物語っていた。その上、それは彼らのWRカーデビュー戦での出来事だった!

そして彼はその見事なジャンプによって、年末にシドニーで行われたWRCガーラでジャンプ・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した。

もう一人は、2月のラリー・スウェーデンでシトロエンC3で大ジャンプを達成し、2度目のコリンズ・クレスト賞を獲得したマッズ・オストベルグだ。

『マッド・マッズ』の異名を持つマッズは、ヴァルゴーセン・ステージの終わり近くに設けられているコリン・マクレーの名を冠したコリンズ・クレストで昨年に続く42mのジャンプを達成し、コリンズ・クレスト・アワードを受け取った。

ラッピは、ポルトガルを彼のキャリアの新しい章の始まりと見ている。「僕が昨年WRカーで参戦し始めたのがポルトガルなので、ここ以降はすべてが少し楽になるはずだ」

「シーズン前半は浮き沈みがあったが、しかし、いくつかのイベントでは素晴らしいスピードにかなり驚いた。ポジティブなことが沢山あり、またネガティブな瞬間からも学ぶようにして、今年の後半はもっと良くなるように努力するだけだ」と彼は語った。

ノルウェー出身のオストベルグは、スウェーデン以来初めてシトロエン・トタル・アブダビチームに戻るため、勘を取り戻すのに時間がかかるかもしれないと認めている。

「ポルトガルは僕がWRCで勝利した唯一のイベントなので、僕にとって少し特別だが、その時はアルガルヴェで開催されていた。今年の僕のアプローチは、おそらく少し慎重になるだろう。そして感覚を取り戻し、問題なくフィニッシュすることを目指す」と彼は語った。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.