1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ミーク、新しいジオメトリーに自信

ミーク、新しいジオメトリーに自信

2018年5月8日 「これまでよりずっと一貫性が高まった」

シトロエン・レーシングのクリス・ミークは、ラリー・アルゼンチンでシャシーのアップデートが行われたことでC3 WRCのコントロールは新たなレベルになったと感じている。

シトロエンは昨年、C3 WRCのハンドリングに欠点があることを認めて、さまざまな路面条件におけるパフォーマンスを完全するためにリヤアクスルのジオメトリーを変更している。

ミークはアルゼンチンでポディウム圏内を争っていたが、土曜日の最終ステージでパンクのために大きく後退することになった。結果にはつながらなかったが、彼はシャシーのアップデートによってマシンの一貫性が向上したことを認めた。

「これまでもスピードはあったが、いつもコントロールしていた感じではなかった。それがアップグレードが導入されたことでこれまでよりずっと一貫性が高まった」とミークは語った。

「ラリーの週末は表彰台を獲得するために戦っても自信を感じていたよ。いつも状況をコントロールできていたので、この方向性で進まなければならない」

ミークは、アップグレードがさらなる速さを引き出すことにはならなかったが、自信が増えたことでより速いタイムを狙ってプッシュすることができたと語った。

「新しいジオメトリーに変更されたことでタイムが上がるわけでないが、スピードとタイムを生み出す自信を与えてくれる。このラリーの前までもいいタイムを出すことができたが、クルマはずっとナーバスだったし、クルマに乗せられているように感じていた」

シトロエンは、次戦のラリー・デ・ポルトガルの前にグラベルテストを予定していなかったため、ミークはさまざまなセットアップを試す機会としてアルゼンチンの最終日の3ステージを使うことに決めた。

「最終日はいい一日だった。ポルトガル向けのセットアップテストを試して有意義だった。しかし、フィーリングはよかったが、やはり結果を残すことができなかったフラストレーションだけはあるよ」


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.