1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS16-18:タナックとトヨタが今季初優勝

SS16-18:タナックとトヨタが今季初優勝

2018年4月30日 2位ヌービル、3位ソルドでヒュンダイがW表彰台

世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンチンは29日に最終日をむかえ、トヨタのオット・タナックが後続を40秒近く引き離して独走、チームに移籍後初優勝を飾ることになった。

ラリー・アルゼンチンの最終日はトラスラシエラ山岳が舞台となる。オープニングSSとなるのは、WRCの中でも最も有名な道の1つであるエル・コンドル。今年はそれまでのゴール地点だったコピナからスタートとなり、フィニッシュに向けて746mを駆け上がる登りのステージとなる。

霧になれば視界がゼロになるが、今年は明るい陽射しの朝を迎えており、雨の気配はない。このステージの2回目の走行がパワーステージとなるため、ステージ周辺には昨夜から8500台の自動車が駐車しており、およそ10万人の観客が見守ることになか、タナクは堅実なペースで発進、3番手タイムでこの日をスタートすることになった。

46.5秒差の2位で最終日を迎えたティエリー・ヌービルは4.6秒遅れの5番手タイムで、もはやタナクを追う考えはない。首位からは49秒の遅れとなったが、「今回はプッシュする必要はなかった。ペースノートをチェックするためにクリーンに走るだけだった」と語り、ボーナスポイントがかかったパワーステージにむけて準備したと明かすことになった。

続くSS17ジュリオ・セザレ〜ミナ・クラベーロでは、ヌービルがベストタイム、タナックはここではさらにペースを落として8.1秒遅れの4番手タイムとなり、リードを40.9秒として残されたのは最終ステージのみとなった。タナックはおびただしい数の観客が見守る道路脇の巨大な岩をすり抜ける最後のワインディングセクションをクリーンに駆け抜けて今季初優勝、自身3度目の勝利を飾ることになった。

「これは特別な勝利だ。チームを移籍する時というのは、どうなるか予測がつかないものだが、僕たちがこれほど早く進歩していることが分かって嬉しいよ。マシンはほぼ僕の好みに近づいているが、僕たちはこの先も同じように続けていく必要がある!」とタナックははにかんだように喜びを語った。

ヌービルは37.7秒差の2位でフィニッシュ、さらにパワーステージを制してボーナスの5ポイントを獲得して選手権リーダーのセバスチャン・オジェに10ポイント差に迫ることになった。また、チームメイトのダニエル・ソルドはメキシコに続いて2度目の表彰台を達成、ニューエンジンを投入するなど南米決戦に勝負をかけたヒュンダイはダブルポディウムを達成したことで、マニュファクチャラー選手権のリードを15ポイントに広げることに成功している。

順位がほぼかたまった最終日の朝、多くのドライバーがペースをコントロールして堅実なフィニッシュを目指すなか、5位でこの日を迎えたアンドレアス・ミケルセンはヒュンダイの2-3-4位をめざしてオジェへの追撃を開始する。

彼はSS17で2番手タイムを奪って、オジェの3.8秒差に迫ったが、最終ステージではオジェも渾身の走りをみせて2番手タイム、ミケルセンの追撃を4秒差でかわして4位でフィニッシュすることになった。悲願だったアルゼンチンでの勝利はまたも叶わなかったが、オジェはドライバーズ選手権でも10ポイント差で引き続きリーダーをキープすることになった。

昨年0.7秒差で勝利を逃したエルフィン・エバンスは今回は最後までペースをつかめず6位に終わることになった。土曜日のパンクで表彰台争いから脱落してしまったクリス・ミークは7位となったが、新しいジオメトリーをもつリヤサスペンションに彼は満足しており、次戦のポルトガルでの巻き返しを誓っていた。

また、6位につけていたトヨタのエサペッカ・ラッピにとって失望の最終日となってしまった。ラリーカーの通過でコースには無数の尖った石がかきだされていたが、彼はSS16をスタートして3つめのコーナーで右リヤタイヤをパンクして8位まで後退してしまった。彼は「しっかりコースをキープしていたんだ、何も接触していないのにパンクしてしまった」とがっかりしたように語った。

それでも彼は、チームメイトのヤリマティ・ラトバラが初日にリタイアしたあとナンバー2としての使命を十分に果たしてトヨタにマニュファクチャラー選手権の貴重なポイントをもたらしている。トヨタGAZOOレーシング・ワールドラリーチームは今季初勝利を達成したことで、選手権2位のMスポーツ・フォード・ワールドラリーチームに5ポイント差まで迫ることになった。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

GTV #6 全開放送中!!

世界最高峰のGTレース「SUPER GT」。「GTV」では、SUPER GTで熱い戦いを見せるドライバーたちをゲストに招き、レースを動かした瞬間や最新テクノロジーなどを分析。ゲストドライバーにちなんだ企画や密着ドキュメント、国内外の様々なレースの紹介も!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter
いい番組みよう!キャンペーン2018

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.