1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS2-3:ミケルセンが首位に浮上

SS2-3:ミケルセンが首位に浮上

2018年4月28日 ラトバラがサスペンション破損でストップ

2018年世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンチンは金曜日の朝、本格的なスタートを迎え、ヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンが朝の2つのステージを終えて首位に浮上した。

この日のオープニングステージとなったSS2ラス・ハバダス〜ビージャ・デル・ディケ(16.65km)ではトヨタのオット・タナックがスピンによって23秒あまりを失うなか、一番手のポジションからスタートしたセバスチャン・オジェがベストタイムでラリーリーダーに浮上することになった。

水曜日に降った雨と朝露の影響でところどころ湿ってはいたものの、コースはほぼドライコンディション。オジェは路面掃除のハンデを負うことになったが、彼が巻き上げるダストに後続のドライバーは苦しむことになる。いつまでもダストは消えることなくコースに残り、さらに朝の斜めから差す太陽の光に後続のドライバーたちは視界を失い、ツイスティなステージでたまらずペースを落とすことになる。木曜日のナイトステージを終えて首位につけていたティエリー・ヌービルも8秒を失って4位へと後退することになった。

しかし、続くSS3アンボイ〜ヤカント(33.58km)は中盤から速度が上がり、フィニッシュまでオープンで高速なステージとなるため、ダストは風に流されてコースにとどまらない。さらに主催者は前ステージのダストの状況からこのステージから3分間隔でのスタートに変更、ダストの影響はなくなった後続のドライバーに対して、柔らかい土が覆う路面に苦しんだオジェが17.8秒遅れの7番手タイムと遅れることになる。

また、SS2の2番手タイムで2位につけていたミケルセンもここでは5番手とタイムを失ったものの、オジェを抜いて首位へと浮上することになった。

「岩がたくさん掻き出されていたので、それらに気をつけて走った。それによってラインを妥協することになったのでタイムを失ったよ」とミケルセンは状況を説明した。

このステージで目が覚めるような速さをみせて逆襲を開始したのはタナックだ。彼はこのステージでベストタイム、6人抜きを演じて一気に3位へと浮上、2位に順位を落としたオジェに5.9秒差に迫ることになる。

それでもタナックはステアリングに問題があるとステージエンドで訴えた。「あれはばかげたミスだった。SS2で岩をヒットし、ステアリングの何かを壊すという愚かなミスをしてしまい、それがこのステージで問題を引き起こしていた。僕たちはなんとか少し良い走りをすることが出来たが、まだ直っていないんだ」

チームメイトのエサペッカ・ラッピが3番手タイムで4位に浮上するなど、トヨタ勢が圧巻の速さを見せることになったこのステージで、後方のヤリマティ・ラトバラも残り10km地点のスプリットタイムはベストタイムを奪ったタナックを2.1秒以上も上回る速さをみせたが、彼は残り10km地点で右フロント・サスペンションを壊して早くもリタイアとなってしまった。

5位にはシトロエンのクリス・ミークが続き、リズムに乗れないティエリー・ヌービルはこのステージで6位に順位を落としている。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.