1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

SS1:ヌービル、オープニングSSでトップタイム

SS1:ヌービル、オープニングSSでトップタイム

2018年4月27日 トップ5が0.7秒差、大混戦の開幕

2018年世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンチンは木曜日の夜にヴィージャ・カルロスパスのスーパーSSで開幕、ヒュンダイのティエリー・ヌービル(が1分54.4秒のトップタイムをマーク、昨年のウィナーがラリーをリードすることになったが、初日はトップ5が0.7秒差にひしめく大接戦となっている。

昨年までコルドバ市内で行われたオープニングステージが道路工事で使用できなくなったことから、新たにヴィージャ・カルロスパスにターマックとグラベルのミックスされたスーパーSSが設置された。ヴィージャ・カルロスパスのシティホール前からスタートし、ラウンドアバウトとジャンプやヘアピンが組み合わされた1.9kmのステージで大勢の観客が戦いを見守った。

15番手でステージをスタートしたヌービルは、それまでトップタイムをマークしていたトヨタのオット・タナックのタイムを0.3秒上回る快心の走りを披露、選手権リーダーのセバスチャン・オジェもヌービルから0.4秒差、タナックからは0.1秒差の3番手タイムで悲願のアルゼンチン初勝利にむけて好スタートを切ることになった。

アンドレアス・ミケルセンはラウンドアバウトをインカットした際にマシンの姿勢を大きく崩すシーンもあったが4番手、クリス・ミークは滑りやすいグラベルセクションでスライドさせてアウト側におかれたガードに乗り上げながらも、トップから0.7秒差の5番手タイムで続いている。

また2カ月ぶりの選手権に戻ってきたシトロエンのクレイグ・ブリーンはサービスアウトが遅れたために10秒のペナルティを受けており、復帰戦はフラストレーションの残るスタートとなってしまった。

ラリーは明日、コルドバ南西部のカラムチタ渓谷へと向かい、本格的な戦いの火蓋を切ることになっている。金曜日は曇りの一日になるものの気温は30度近くに上昇すると天気予報は伝えており、ヒュンダイ勢は水曜日のうちにラジエータを変更したとの情報だ。

オープニングSSのラス・ハバダス〜ビージャ・デル・ディケは現地時間8時13分(日本時間20時13分)のスタートが予定されている。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY11】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.