1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

トヨタのスピードキング、アルゼンチン優勝に照準

トヨタのスピードキング、アルゼンチン優勝に照準

2018年4月22日 タナック、今季ベストタイム数はオジェを上回る18回

オット・タナックはトヨタGAZOOレーシングへ移籍後間もないにもかかわらず、これまでのシーズンで最多となる18回のベストタイムを記録している。彼は「スピードキング」としてのゆるぎない評価を4月26日から29日にかけて行われるラリー・アルゼンチンで勝利に繋げたいと望んでいる。

エストニア出身のタナックは、チームに移籍後間もないいが、ヤリスWRCにすばやく順応しており、これまでの4戦を終えてチームメイトたちよりもはるかに多くのステージ勝利を獲得してきた。エサペッカ・ラッピは6回、ヤリマティ・ラトバラはわずか1回にすぎないなか、タナックは選手権リーダーのセバスチャン・オジェの12回をも上回る18回というベストタイムを叩き出し、まさしく最速の座を誇っている。

サルディニアでのプレテストを終えたタナックは、グラベルにおけるヤリスのフィーリングにさらに自信を深めており、昨年3位でフィニッシュしたアルゼンチンでさらに順位を上げることをしっかりと見据えている。

「サルディニアでのプレイベント・テストを終えて、とても好調だ。道路はテスト中にウェットの状態からドライになり、アルゼンチンの路面も同じくらいラフになる可能性があるので、僕たちはアルゼンチンのテストとして必要な良いコンディションを得たと思う」とタナックは自信をみせた。

「僕たちはマシンに改良を施すことができて、その成果にかなり満足している。他のマシンと比べるのがとても楽しみだよ」

アルゼンチンは昨年、初日の朝から岩だらけの道路が多くの優勝候補の期待を打ち砕くことになったが、今年も同様に序盤にサンタ・ローザ・デ・カラムチータ周辺のステージが設置されているが、タナクは何が待ち受けているかを知っている。

「ラリー・アルゼンチンはこれまでも常に厳しいイベントだった。滑らかで素敵な高速ステージもあれば、かなりテクニカルな道もあり、本当にいろいろなことが待ち受けている」

「またステージはかなりラフになることがあるので、 マシンへの要求も非常に厳しい」と彼は付け加えた。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY10】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.