1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. WWE
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. ダンス
  13. その他

ニュース

ミーク「ポールのことを責めるつもりはない」

ミーク「ポールのことを責めるつもりはない」

2018年4月10日 コルシカをペースノートミスでリタイア

シトロエン・レーシングのクリス・ミークは、コドライバーのポール・ネーグルがペースノートの読み間違いをしたため、ツール・ド・コルスの二日目にコースオフを喫してリタイアになったが、ネーグルを責めるつもりはないと語った。

ミークは、土曜日のSS9デザート・デ・アグリエットでティエリー・ヌービルに並ぶ2位に浮上したものの、続くSS10ノヴェラのステージで3速ギヤで走るコーナーを、ネーグルが5速で走るようペースノートを読み間違えたためミークはブレーキを踏む間もなくコースオフしてしまった。

ミークは、これまでに一度もなかったことが起きたと語り、ネーグルを擁護した。

「2位争いをしていて、必死で攻めていたんだ。本当に限界だったんだ。しかし、不運なことにポール(・ネーグル)と僕にそれまで起きたことがなかったようなことが起きてしまった。ポールがペースノートを少し間違えてしまったんだ」

「だが、それがラリーだ。このようなことが起きたのはこれがまさしく初めてだ。これまでにも何度かコースオフしているが、それは僕のミスで、彼はミスしたことはなかった。いいかい、僕らは勝つ時も一緒だし、負ける時も一緒だ。きっとすぐにここから立ち直ってみせるよ」

ネーグルはアクシデントが起きたときの状況をふり返った。

「左コーナーが3つ連続していて、それらは5速、3速、そして3速のギヤだった。僕はすこし混乱して間違ったコーナーを読んでしまい、そして道からオフしてしまった。それは明らかに僕のミスだ。本当に勝つときはいつも一緒だが、負けるときも一緒なんだ。ラリーではそのようなことが起きるものだ」

シトロエン・レーシングは土曜日の夜、サービスでミークのC3を必死に修理して最終日にリスタートさせることに成功している。チームディレクターのピエール・ブダールは、ミークとネーグルがリタイアから精神的にも復活することができたと語った。

「クリスとポールがマシンにすぐに戻り、前日の不運を過去のものとすることが重要だった」と彼は語った。


■「WRC世界ラリー選手権2018」 J SPORTSで全戦を中継&配信!
»詳しい放送予定はこちら

■お申込みはこちら
テレビで見るなら「スカパー!
スマホ・タブレット・PCで見るなら「J SPORTSオンデマンド

ニュース一覧


J SPORTS オンデマンド
モータースポーツを2週間お試し体験!
「動く!ビクトリ ピクトリ部活応援スタンプ」発売中!

ピックアップ動画

【DAY12】HINO TEAM SUGAWARA ダカールラリー2019

ダカールラリー2019 デイリーハイライト放送中!

YouTube J SPORTSチャンネルを登録!

J SPORTS動画一覧

J SPORTS モータースポーツtwitter

メールマガジン

メールマガジン会員限定メールマガジン!!モータースポーツ番組のみどころや放送予定など会員限定、旬の情報満載でお届けいたします。

メールマガジン購読

WRC
twitter

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2019 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.